GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2020/04/20スタッフの日常

    寄り道

    4月20日 土田麦菜

    スーパーからの帰り道、ちょっとばかし遠回りにはなりますが、
    外出自粛による運動不足解消も兼ねて近くの神社に立ち寄ってみました。

    日中でしたが人はほとんど居らず、厳かな雰囲気に拍車がかかっていました。

    そして入り口付近に伸びる大木に圧倒されて、
    奇妙な体勢をとり苦戦しながら写真を撮りましたが、大きすぎて全て写りませんでした。

    この記事を読む

  • 2020/04/19スタッフの日常

    オンライン展覧会

    4月19日 須田涼子

    美術館や博物館は休館になっているところが多いですが、
    そんな中、オンライン上で作品を閲覧できる「オンライン展覧会」を開催しているところが増えていますね。
    とても素敵な催しで心が癒されます。

    第78回企画- LIBRAIRIE6 10周年 第2部「日本のアーティストたち」オンライン展覧会

    ギャラリーLIBRAIRIE6さんでは、日本のアーティストたち展が開催中。
    大好きな山下陽子さんの新作、幻想的で美しいです。

    とても残念ながら会期途中で閉幕となってしまった「永遠のソール・ライター」展。
    「ソール・ライター財団」によって作品のアーカイブ化が進行中で、一部を財団のウェブサイトで閲覧できるとこのこと。

    SAUL LEITER FOUNDATION

    実際に足を運んで鑑賞できる機会があるという事が、とても尊い事なんだなぁと改めて感じるこの頃です。
    素敵なオンライン展覧会を開催して下さる事に感謝と応援をしつつ、
    いちにちも早い収束を願って、小さな事でも自分にできる事をしっかり行っていきたいと感じています。

    この記事を読む

  • 2020/04/18スタッフの日常

    レ・ミゼラブル

    4月18日 重本景子

    最近お気に入りのドラマがあり、
    今のところ毎週欠かさず見ています。
    BBCの”レ・ミゼラブル”が日本で放送中。
    ヴィクトル・ユゴーの有名作品ですね。
    そして、BBCの美しい映像、美術、しっかりとしたストーリー。
    子供の頃に本で、大人になってから映画で見てストーリーは分かっているものの
    さすがの期待を裏切らない作りで、その世界に引き込まれてしまいます。
    残り数話ですが、毎週の楽しみです。
    ミュージカルは見たことがないのでぜひ見てみたいと思いました。

    この記事を読む

  • 2020/04/17スタッフの日常

    マスク

    4月17日 萩谷優

    箱買いしておいたマスクが残り少なくなってきました。

    子どもたちは一月近く休校で、マスクを使用する機会はありません。
    もっぱら働きに出ている我々夫婦だけの消費ですが、何しろ補給ができませんので減る一方です。

    ということで、マスクを自作してみました。

    我が家にはミシンがありませんので手縫いでしたが、思ったよりも簡単でした。

    1、手ぬぐいを細長い袋縫いにして裏返す。
    2、長手方向に二つ折りにして端を縫い、また裏返す。
    3、できた筒の両端にゴム紐を通す。

    以上です。

    使用したものは、

    ・家にあった手ぬぐい
    ・針と糸
    ・家にあったゴム紐

    これだけです。

    このマスク、市販のものに比べて除菌効果がどの程度あるのかはわかりません。
    しかし、洗濯して再利用可能なところは明確な利点ではないでしょうか。

    小・中学校家庭科程度の技術と入手しやすい材料で再現可能ですので、
    マスクが入手できず不安、という方の参考になればと思います。

    この記事を読む

  • 2020/04/16スタッフの日常

    ダムウエイターテーブル三姉妹

    4月16日 岡田明美

    4月のマンスリースペシャルは

    『SMALL TABLES』

    たくさんスモールテーブルが入荷しておりますが、その中でも隠れた人気を誇る
    「ダムウエイターテーブル」をご紹介します。

    しかも三姉妹です!
    一度にこのバラエティー!!

    残念なことに現在ジェオグラフィカは「緊急事態宣言」に基づき休業中ですが
    オンラインショップは元気に営業中です!
    期間中はスモールテーブルが10%OFF、1点¥50,000以上で配送料も無料となります(一部対象外あり)

    外出自粛で家に居ることが多い毎日、こんな時こそインテリアに目を向けてみるのは如何でしょうか?

    『E-SHOP GEOGRAPHICA』はこちらから!



    さて、私も在宅の日が多くなってますが運動不足回避に昨日は近くのカレーパンが美味しい
    パン屋さんへ散歩がてら行ってみました。(急なる坂道途中にあるので中々に良い運動)

    そうしたらなんと!3密を防ぐために入場制限が〜〜
    良いことですね。1組出たら案内されます。
    時間は」かかりましたがポカポカな陽気だったのでのんびりと待ちました。

    間隔を開けて10人くらいが行列。
    お目当のカレーパンはランチに。

    この記事を読む

  • 2020/04/14スタッフの日常

    ゲートレッグテーブルの魅力

    4月14日 中野美穂

    4月のマンスリースペシャルは『SMALL TABLES』。
    今月はちょっとしたスペースで使いやすい、小さめのテーブルがたくさん入荷しています!

    アンティークらしいデザインと構造を楽しめる、おすすめのお品が"ゲートレッグテーブル"です。
    最近入荷したお気に入りの2点をご紹介致します。

    小さなサイズが抜群に可愛らしいこちらは1930年代の物。
    定番のバーリーシュガーツイストはオランダに起源を持ち、17世紀半ば頃にイギリスに伝わって来たと言われています。
    当時の捻った砂糖菓子のデザインを模した物という事で、どこかほっと和むような、素朴な存在感がありますね。

    ちょっとしたティータイムやサブテーブルに、軽いのでサッと広げやすく、しまう時にはコンパクトになる使い勝手の良い優れものです。

    こちらは逆に重厚感のある一点です。
    閉じた時には三角形に、広げると正方形になるデザインは、お部屋のどの位置に置くか考えるのが楽しくなりますね。
    もちろんサブ使いのテーブルとしても程よい大きさですが、三角形の状態の時にはコーナーにピタリと収まるので飾り台にも良さそうです。

    何より注目のポイントは全体にしっかりと施された彫刻。
    暗めの色合いと実直な印象のオーク材の風合いに見事にマッチする深い彫りは、時代を経てきた家具ならではの落ち着いた深みを感じさせます。



    『GATE-LEG TABLE』は文字通りゲート(門)のように開いたり閉じたりして使う脚が特徴です。
    16世紀ごろにはすでに登場し、それ以来、おおきく構造を変化させることなく人々の生活の中で愛用されてきました。
    生活様式が目まぐるしく変化する中でずっと使われてた家具というのは、やはり時代や流行、文化に関係なく、普遍的に使いやすい物なのだと思います。

    この記事を読む

  • 2020/04/13スタッフの日常

    Spring has come

    4月13日 土田麦菜

    本当にいつの間にか4月も早半ば。
    とっくに春がきているはずなのに、なんだかそんな感じがしない日々です。
    早く晴れやかな気分で毎日を過ごしたいですね。

    ジェオグラフィカの花壇も気づけば春満開!

    花かんざしにブルーデージー、シレネになでしこ。
    可愛らしい小粒の花たちが健気に咲き誇っていました。

    個人的に一番好きなのは"こでまり"
    ジェオグラフィカで働き始めた頃、もっと大きなこでまりの木が花壇に植えられていて、
    この花を見ると数年前を思い出しなんだか懐かしい気分になります。

    まったくと言っていいほど花の名前を知らないので、
    写真を撮るだけで花の名前を教えてくれるアプリ、が活躍しました。
    AIさんすごい。

    この記事を読む

  • 2020/04/12スタッフの日常

    琥珀のまたたき

    4月12日 須田涼子

    家に居る時間が多くなり、本を読む時間も増えました。
    先日は小川洋子さんの『琥珀のまたたき』を読み直し。


    末娘の死をきっかけに、残った3兄妹たちを魔犬から守るため、高い壁に囲まれた屋敷の中でいくつかの禁止事項を決めて生活する親子、
    その壁の中での3兄妹の生活と、時が経った現在を交えながらお話が進んでいきます。

    精神を病み、子供達を監禁することでしか魔犬から守れないと固く信じる母親は、でも子供達にはとても優しく慈しみ、
    また子供達は壁の中で禁止事項を守りながら、3人で仲良く工夫して楽しく過ごす。
    かなり特殊で残酷な状況でも、小川さんの透明感のある文章と描写で、キラキラしていて、優しく、楽しく、ある種の羨ましさを感じるような、
    純粋で澄んだ、幻想的な世界に昇華しています。

    コラージュのような装丁も素敵、好きな作品です。

    この記事を読む

  • 2020/04/11スタッフの日常

    チューリップ

    4月11日 重本景子

    庭の鉢に可愛いチューリップが咲いています。
    落ち着かない日が続き、いつの間にか春が来ていた感じがします。
    やっぱり花を見ると癒されますね。
    こちらは普通のチューリップより小さいチューリップです。
    ミニサイズなので、より可愛く見えます。

    チューリップといえばオランダのイメージですが、トルコが原産地らしいです。
    ちょっと調べてみたところ、オスマン帝国からヨーロッパに伝わった時に
    誤ってチュルバン(ターバン)と伝わりチューリップという名が生まれたそうです。
    伝言ゲームあるあるな感じが面白いですね。

    この記事を読む

  • 2020/04/10スタッフの日常

    カクテルキャビネット

    4月10日 萩谷優

    横浜ファクトリーにて、コンテナの受け入れをしてきました。

    40フィート(12メートル)のコンテナに満載のアンティーク家具が入荷し、
    ファクトリーは一時、作業場までいっぱいになってしまいました。

    約200アイテムの家具が入荷してきたのですが、
    なかでも目を引いたのがこのカクテルキャビネットです。

    カクテルキャビネット、ドリンクキャビネットなどと呼ばれますが、
    ようするに、ここでお酒を作ったりするための家具で、
    お酒のボトルやグラスなどをいい感じに収納しておくために使われていました。

    これの何が一番こころを捉えるかというと、このスイッチです。

    このスイッチは左扉の端についていまして、
    扉が開くと自動的に内部のライトがつく仕組みになっていたものです。

    こういうのがいいんですよね。

    現状はもちろん照明はつきません。
    照明は修理というよりも新しく付け替える感じなので、
    同じようなものがつけられるかどうかわかりませんが、
    いい感じに仕上がったらかっこいいと思います。

    カクテルキャビネット的に使わなくてもOKで、
    コレクションの収納庫にしても面白そうです。

    この記事を読む

  • 2020/04/09スタッフの日常

    PUB TABLE

    4月9日 岡田明美

    4月に入って少しづつ暖かくなってきましたが、暗いニュースが多い日々。
    なんとか気持ちを前向きに保って行きたいです!

    ジェオグラフィカ 4月のマンスリースペシャルは

    『SMALL TABLES』

    たくさんの小ぶりなテーブルが入荷しました!

    スモールテーブルと言っても、用途や素材もまちまち。
    今回の入荷の中でのお薦めは『パブテーブル』
    ご存知、イギリスのパブで使われていたテーブルです。
    酒場ですからやらかすヒトも多かったはず・・・
    その為かは不明ですが、割と強度も取れて安定感のあるテーブルが多いようです。


    昨今、在宅でのお仕事になったというお客様から要望の多い小さめのデスク。

    デスクではないですが今はパソコンデスクとしてお使い頂け、
    ティーテーブルなどに代用も出来る「スモールテーブル」をお薦めしています。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    お知らせ

    東京都の新型コロナウイルス感染症拡大防止を受けジェオグラフィカ では
    当面の間、営業時間を下記の通り変更させて頂くことになりました。

    4月8日(水)〜4月10日(金)11時〜19時
    4月11日(土)〜4月19日(日)臨時休業

    4月20日(月)以降の営業予定に付きましては随時ホームページ、SNS等でお知らせいたします。

    *詳細はこちらをご覧ください。


    休業期間中もオンラインショップは営業しております!

    ぜひスモールテーブル、オンラインショップでお探しください!

    『E-SHOP GEOGRAPHICA』

    この記事を読む

  • 2020/04/08スタッフの日常

    目黒通りのつつじ

    4月8日 中野美穂

    まだまだ桜も見ごろの季節ではありますが、少しずつ次の楽しみもやってきているようです。
    目黒通りを彩る花であるつつじ。ふと気が付くと、いつの間にかいくつかの花びらが開いていました。

    実家の庭先にも植えられていたつつじは、思い出深い植物の一つでもあります。

    鮮やかなピンクの花の奥には甘い蜜があり、子供の頃にはよくそれを吸って遊んでいました。
    今思えばせっかく咲いてくれたものになんて事を…と思ってしまいますが、草木の中に分け入って遊ぶのが当たり前だった子供にとって、花の蜜は大人達が味わう事のない特別な「秘密の味」だったのかもしれません。

    いつからかやらなくなってしまった事ですが、花の根元を咥えた感触や吸い上げた蜜の味は、今でもまざまざと思い出せるのが不思議です。

    まだまだあちらに一つ、こちらに一つという感じですが、新緑の季節を彩る色鮮やかな光景が今から楽しみです。

    この記事を読む

  • 2020/04/07スタッフの日常

    お気に入りのセット

    4月7日 土田麦菜

    今GEOGRAPHICAの1コーナーにお気に入りのセットがあります。
    それはこちらの2つ。

    チャイルドチェアーとスツールのコンビなのですが、
    これが何とも相性抜群。
    チャイルドチェアーは子供用とは思えないクオリティで、
    材の質の高さは勿論、彫刻などの細工も非常に凝っています。

    ファブリックはドイツのメーカーであるJAB社のストライプパターン。
    かっちりとしたストライプと柔らかなオフホワイトカラーがぴったりマッチ。

    こんな感じで、お子様用のデスクとして使って頂きたいコンビです。

    テーブルに見える方は、スツールなので勿論座ることも可能。
    玄関などのちょっとしたスペースに、腰掛けたり荷物を置いたり、
    ものを飾ったりと、いろんなシーンで活躍しそうですね。



    気になる方は、下記の画像をクリック↓↓

    この記事を読む

  • 2020/04/06スタッフの日常

    アンティークのスモールテーブル

    4月6日 須田涼子

    一点でお部屋の雰囲気が変わるアンティーク家具。
    とりわけスモールテーブルは取り入れやすくおすすめです。

    期間中は対象のスモールテーブルが10%OFF!
    さらに、オンラインショップから1点5万円以上お買い上げの方は配送設置料が無料になります。
    (※一部無料対象外地域がございます。)

    SMALL TABLES の特設ページもございますので、ご覧下さいませ!
    特設ページへはこちらのバナーをクリックしてご覧頂けます。↓


    3つの小さなテーブルが入れ子式になったネストオブテーブルズはとくに充実!
    ソファーに合わせてお使い頂く背が低めのタイプから、少し背が高めのものまでお好みの一点をお選び頂けます。


    個人的に気に入りの一角は
    ボタニカルアートをたくさん飾った、ティーテーブルコーナー。
    少しでも春を感じて明るい気持ちになって頂けますように。


    毎週木曜日に新商品が入荷いたします。
    写真を綺麗に撮り直した後すぐにオンラインショップに掲載致しますので、
    楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。

    商品についてのご質問などはお気兼ね無く、メールまたはお電話でお問い合わせくださいませ。

    【mail】 shop@geographica.jp
    【tel】 03-5773-1145

    お問い合わせ、お待ちしております。

    この記事を読む

  • 2020/04/05スタッフの日常

    パン作りに挑戦

    4月5日 重本景子

    パンが大好きです。
    我が家では週に2回程、パンを作ります。
    食パンや丸パン、野菜パンなどの朝食系のもの、
    シナモンロールなどの菓子パンなど色々。
    焼きたてってやっぱり最高に美味しくて、香りも良いですね。
    いつも食べる専門係でしたが、作る方に挑戦しました!

    今回は季節にぴったりの桜餡のパン。
    酵母も桜を使うのがこだわりです。
    発酵したパンはもちもちしていて触り心地が良いのですね。
    桜の花の形にするということで、実際にやってみると難しい。。。
    でも、焼きあがってみると思ったより桜になっています。
    パンの生地が本当に美味しくて、桜餡にもぴったり。
    美味しく出来ました!
    作るのも楽しいですね。

    この記事を読む

  • 2020/04/04スタッフの日常

    今週の新入荷

    4月4日 萩谷優

    今週も良い家具が多数入荷しました。

    4月のおすすめは小さなテーブルなのですが、それ以外の家具も充実しております。

    オンラインショップの方でそれぞれご紹介しております。
    ぜひご覧ください。

    また、不明な点や確認したい点などございましたら、
    どうぞお気軽にお問い合わせください。

    この記事を読む

  • 2020/04/03スタッフの日常

    手を洗おう!

    4月3日 岡田明美

    きっとみなさんもそうだと思いますが、いつにも増して『手を洗う』ことが多くなりました。

    我が家ではこのハンドソープが登場。

    TDL好きの姪のお土産。
    このノズルがキモです。
    ワンプッシュでミッキー!?

    ウイルスから守るためには手を洗うことはとても良いことらしいので
    油断するとカッサカサになりますが、頑張って手洗いしましょう〜〜

    日々、外出がままならなくなっておりますが
    #うちで過ごそう。

    次のお休みも家で出来ることを見つけて楽しみたいと思います!

    ご近所散歩で櫻を愛でて来ました。

    この記事を読む

  • 2020/04/02スタッフの日常

    嵐の夜に読みたい一冊

    4月2日 中野美穂

    「春の嵐」と呼ばれるものでしょうか。最近はやたらと風の強い日が多いような気がします。
    北からの冷たい空気と南からの暖かい空気がぶつかり合うこの季節、急速に低気圧が発生する事で台風並みの暴風が吹く事があるそうです。

    夜中に激しい風の音が鳴りやまないそんな日には、何となく読みたくなってしまう一冊があります。

    『あらしのよるに』

    ご存じの方も多いかもしれません。
    嵐の夜に出会い意気投合した二匹は、あくる日に再会してみると、それはなんとオオカミとヤギだったというお話です。

    捕食する側とされる側にもかかわらず、深い友情で結びついてしまった二匹。
    共に生きようとしても、やはり元々生きる場所の違う者同士、その行方には大きな苦悩が付きまといます。
    絵本ではあるのですが、大人になってからも、途中からは涙なしには読めません。

    全編を通すと実はかなりのボリュームがあり、ついじっくりと読みふけってしまう一冊です。



    さて、世の中の混乱に気を取られている内にいつの間にか四月に入ってしまったようで、季節はすっかり春です。
    遠出してお花見というのも難しいのですが、先日、近所で桜が咲いているのに目が留まりました。

    気の休まらない日々ですが、春を感じさせるものを見るとやはり和やかな気持ちになりますね。

    この記事を読む

  • 2020/03/31スタッフの日常

    やっと桜

    3月31日 土田麦菜

    暖かくなったと思ったら、突風が吹いたり、雪になったりと落ち着かない天候が続いていますね。
    なかなか外出が出来ないのでいまだお花見が出来ていないのが心残り。
    先日の雪や強風で散り始めてしまった桜が完全に散る前にと、
    家の近所をお散歩しようやく大きな桜の木を発見しました!

    うーん、可愛い。
    可憐な花びら、その儚さ、どこをとっても日本人なら愛さずにはいられない、そんな桜の木に存分に癒されました。

    早くも3月は最終日。
    4月は2日から、マンスリースペシャルとしてスモールテーブルがお買い得になります。
    ぜひ、店頭、E-shopをご覧下さいませ!!

    この記事を読む

  • 2020/03/30スタッフの日常

    いちごとメロンのパフェ

    3月30日 須田涼子

    早いもので3月もあと2日。
    今年はいつもより数段早く過ぎた気がします。

    あまり外出することもなく、じっくりと桜を愛でることもできていませんが、
    個人的風物詩・タカノフルーツパーラーのいちごパフェは所用で出かけた際に今年も頂くことができました。

    今年は新宿高野がマスクメロンを取り扱って100周年らしく、”100"のプレッツェルが乗っていて可愛い。
    甘酸っぱいいちごと甘くて柔らかいメロン、バニラアイスとシャーベットのコラボレーションは最高でした。

    この記事を読む

  • 2020/03/29スタッフの日常

    晩白柚

    3月29日 重本景子

    先日、晩白柚(バンペイユ)という果物をいただきました。
    とーーーーっても大きくて重くて、
    初めて見た果物だったのでびっくりしました!

    何センチか測り忘れましたが、とにかく大きいです。
    直径25センチぐらいだったでしょうか。
    画像は100円玉との比較です。
    マレー半島が原産地で、日本では熊本県八代市の特産品だそうです。

    上品でさっぱりとした甘さが美味しいです。
    見たことのない珍しいものって楽しいですね。
    ありがとうございました!

    この記事を読む

  • 2020/03/28スタッフの日常

    今週の新入荷

    3月28日 萩谷優

    このような状況ですが、
    ジェオグラフィカには今週も良い家具が多数入荷しています。

    大変な場所で頑張ってくれている多くの方々に感謝をしながら、
    良い家具を良い状態でご紹介できるように努めたいと思っております。

    GEOGRAPHICAオンラインショップ

    この記事を読む

  • 2020/03/27スタッフの日常

    パワースポット

    3月27日 岡田明美

    新型ウイルスの影響で普段休みの日に行っている場所がほぼ閉まっており・・・
    こうなったらオープンエアーへ行ってみよう〜〜

    明治神宮。

    第122代天皇の明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする神社で
    東京都心にあるとは思えない広大で静寂に包まれたパワースポットです。

    そして行きたかったのが、ココ。
    神宮御苑の一番奥にある『清正の井』
    敷地の中でも一番のパワースポットらしく、初詣の期間など数時間の行列になるのだとか。

    行ってみたら空いていました。
    ほぼ貸切状態、ご利益ありそう〜〜

    清水が滾滾と湧き出ていて心が洗われました。

    最後に明治神宮トリビア。

    正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神宫」

    知っていましたか??
    私はもちろん知りませんでした!!

    この記事を読む

  • 2020/03/26スタッフの日常

    古き良き英国の風景

    3月26日 中野美穂

    どうしても家で過ごす時間が長いこのところ。
    せっかくなのでゆっくり読書でもと、本棚から引っ張り出してきたのがこちらです。

    カズオ・イシグロ『日の名残り』

    執事として誇り高い人生を送ってきた一人の英国人男性が、短い旅行の間、過ぎ去った時間に思いを馳せる物語。
    尊敬するかつての主人の事、父親や仲間たちとの関係、時代に翻弄された邸内での出来事など、ささやかだけれども静かに胸を打つ思い出が、美しいイギリスの田園風景の間に立ち現れるように描き出されています。

    息を呑むような大事件があるわけではないのですが、淡々とした語り口で明かされる日常の一つ一つから時代の大きなうねりや人々の感情の奥深さが伝わってきて、読み終わった後には清々しい充実感があります。
    ちょっとした表現から古き良きイギリスの伝統や思想、変わりゆく時代とそれに直面する人々の機微が浮かび上がり、読むごとに新たな発見のある、何度も読みたい一冊となっています。


    実はこの本、原著の英語版も持っていたりします。
    翻訳版もとても美しい文章なのでぜひ元の英文も読んでみたい!と思ったのですが、残念ながらまだ本棚の飾り状態…。
    また時間を見つけて、ちょっとずつでも読み進めてみたいと思います。

    さて、GEOGRAPHICA店頭にて開催中のイベント『VELVET ADDICTION』も、いよいよこの週末までとなってしまいました。
    非常に困難な情勢という事もありますので、せめて店内の画像だけでも、お楽しみいただければと思います。

    イベントページはこちらから!

    その他、当店SNSでも商品をご案内しておりますので、お時間がありましたら是非チェックしてみてください!

    この記事を読む

  • 2020/03/25スタッフの日常

    プリンはやっぱり

    3月25日 土田麦菜

    固め派です。
    プリンの好みです。

    先日の休みに久しぶりに神保町へ行きました。
    古本屋巡りとは別に、楽しみにしていたカフェへ。
    休日はいつも昼を遠に過ぎた頃からからダラダラと活動を始めるのですが、
    この日はとても早起きして、午後には売り切れてしまうことも多いと噂の固めプリンを堪能してきました。

    期待通りのシルエット!
    レトロなのにオシャレな生クリームも付いて見た目はパーフェクト!
    お味ももちろん、確かな弾力と優しい卵の香り、カラメルのほろ苦さ、
    懐かしさを感じられる、本当に期待以上の美味しさでした。

    昼前だったので、トーストも食べました。
    ほのかに甘いふわふわのパンにこれでもかというくらいチーズが乗っていて、こちらも大変美味でした。
    雑居ビルをリノベーションしたお店は、内装や外観もとってもオシャレ。

    帰りに、エイリアンのキャラクターデザインを手がけたH.R.ギーガーの画集をゲットし、
    ほくほく顔で帰路につきました。
    神保町、大好きな街です。

    この記事を読む

  • 2020/03/24スタッフの日常

    ティールームとピエール=エリィドピブラック展 In Situ

    3月24日 須田涼子

    偶然ですが私も先日、”タイニートリアティールーム"さんへ伺いました。

    アンティークのベントウッドやキッチンチェアーなどが並ぶ明るい店内。
    モリスのデイジーやジャスミンの壁紙や
    カップアンドソーサーモチーフのシャンデリアなど乙女チックで可愛らしいです。
    入った瞬間から食欲をそそるとっても良い香りが漂い、期待感が高まります。

    アフタヌーンティーセットに後ろ髪を引かれつつも、
    ここはお客様からおすすめ頂いた限定のクランペットランチをオーダー。
    (これまた岡田さんと一緒・・・笑)
    もちもちした食感のクランペットと大きなソーセージが美味!!!
    バーレイのカップソーサー&ポットでサービングしてくれて、とっても幸せな気持ちに。

    お土産にスコーンやショートブレッド、レモンドリズルケーキなどを購入し大満足でした。

    その後は、シャネル・ネクサスホールで開催中の「ピエール=エリィドピブラック展 In Situ」へ。

    パリ・オペラ座バレエ団と共に生活し、その神秘的な世界観を美しく撮影したピブラック。
    豪華絢爛なガルニエ宮やオペラ・バスティーユと、
    しなやかで美しいダンサーたちとが融合し幻想的で夢のような作品に。

    舞台袖で舞台を見守るダンサーたちの憧れの眼差しや、
    満員の観客の喝采に向かって一人立つダンサーの後ろ姿の対比など、
    何気ない場面でも感動的で、別世界のように美しい作品ばかりでした。

    この記事を読む

  • 2020/03/23スタッフの日常

    梅鑑賞

    3月23日 重本景子

    先日、水戸の偕楽園へ梅を鑑賞しに行きました。
    日本三名園のひとつで、1842年に徳川斉昭により造園され
    梅の景勝地でもあります。

    満開を少し過ぎてしまったのですが、まだ咲いている木もあり
    色々な梅の木を眺めながらのどかな散策を楽しみました。
    梅の芳香は優しくて良いですね。
    千波湖もキラキラしていて綺麗でした。

    そして、郷土料理のあんこう鍋を食べました。
    初めて食べましたが、しっかり味もありふわりとした身で美味しかったです。
    出汁がしっかりと出ていて、仲居さんが作ってくださったシメのお雑炊が最高。
    とろとろの卵をかけて、これは何杯でもいけますね。
    奥久慈しゃもも頂いて、お腹いっぱい。

    天気が良い中の散歩と、たくさん食べて大満足の一日でした。

    この記事を読む

  • 2020/03/22スタッフの日常

    今週の「気になる」はフレンチのスツール

    3月22日 萩谷優

    さて今週の「気になる」ですが、このフレンチのスツールです。

    それほど古いものではないのですが、実にいい風合いに仕上がっています。

    シートのコンディションが良く、そのまま使用可能です。

    スツールのままにしておくのも全然OKですけど、
    ガラス天板を作って、ローテーブル&サイドテーブル的に使ったら面白そうです。

    この記事を読む

  • 2020/03/21スタッフの日常

    人気のティールーム

    3月21日 岡田明美

    最近イギリス紅茶&お菓子好きの間で人気のティールームへ。

    季節のアフタヌーンティーを開催している期間は予約も中々取れないという
    『タイニートリア ティールーム』です。

    ジェオグラフィカ でもお馴染み、小関由美さんの最新刊『スコーン大好き!』でも
    紹介されているティールームは下町・人形町にあるお店です。

    自称スコーンラバー小関さんの最新刊で紹介されてます!

    お店の外観から英国チックでワクワク。



    テーブルの上に下がっているシャンデリアがぁ(!!)
    オリジナル?お店の雰囲気にとても合ったインテリアです。



    ランチタイムに伺ったので、限定20食という「クランペットランチ」をいただきました。
    モチモチのクランペットが美味しく、ボリュームたっぷりなワンプレート。

    そしてポット、カップソーサーがジェオグラフィカ でも販売しております
    イギリスの名陶・バーレイでした!

    お腹は一杯になりましたが、ここまできたらもう行くしかない!?と
    デザートにレモンドリズルケーキを注文 www(一応これは友人と半分こ)

    この日の目的は近所で開催中の展示会。
    その用事を済ませ、折角だからと人形町散策に戻りました。

    戻ったほんとうの理由はこちら!
    お昼に通った時から行列の鯛焼き屋さん・・・
    ここまで来たからにはね〜〜と(言い訳)

    もちろん、天然物。
    皮はモチカリ、あんこたっぷり。鯛焼きは焼きたてに限るねぇ〜〜!

    ペロリと完食して家路へと着きました。

    この記事を読む

  • 2020/03/20スタッフの日常

    ステレオスコープ??~VELVET ADDICTIONより~

    3月20日 中野美穂

    現在開催中のイベント「VELVET ADDICTION」。
    美しい物、珍しい物、Velvet Knotさんが独自の感性と確かな眼で集めた、魅力的な品々がGEOGRAPHICAに集められています。

    その中でも、個人的に一番に目を引かれてしまったのがこちらのお品です。

    こちらは「ステレオスコープ」と呼ばれるもの。
    レンズを覗き焦点を合わせると、置かれた写真や絵が3Dのように立体的に見えるという不思議な装置です。

    横並びの2枚の写真は、同じものに見えて、実はほんの少しだけ位置にずれがあるそうです。
    両目をそれぞれ別のレンズでのぞき込むことで、その"ずれ”により一部が立体的に見えるとの事。

    この装置が開発されたのは19世紀前半。
    写真技術が開発されたばかりの頃だと考えると、この新しい技術に多くの人が情熱と探求心を持って、いろいろな実験に臨んできたのだと伝わってきますね。

    今回、イベントに合わせてやってきたこちらのステレオスコープは、ヴィクトリアン時代に作られた物だという事です。
    細部まで気配りされた装飾などはさすがです。
    アンティークらしい美しいディスプレイ品として、好奇心をくすぐるデバイスとして、様々な角度から楽しめるロマンに溢れたアイテムです。

    「VELVET ADDICTION」は今月29日まで。

    なかなか外出のしづらい情勢ではありますが、春らしい気候にもなってきましたので、もし近くにお出掛けのご用などある際にはぜひGEOGRAPHICAにも足を延ばしてくださいませ!

    この記事を読む

ブログアーカイブ