GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2021/10/23スタッフの日常

    ご無沙汰しておりました

    10月23日 長田孝弘

    ブログは随分久しくなります。
    修復や製作作業に集中させていただいており以前アップしたのは10年程前になりますでしょうか。
    その間ファクトリーにお越しいただいたお客様には大変お世話になりました。
    現在は目黒にて店舗の運営に勤しんでおります。

    すばらしいタイミングで本日よりジェオグラフィカでは英国的収納術と称した催しのスタートです!

    店頭にて沢山のお客様にお会いできることを楽しみにしております。

    この記事を読む

  • 2021/10/22スタッフの日常

    アンティークの収納家具

    10月22日 萩谷優

    明日10/23から、収納家具を特集したイベントが始まります。

    タイトルは、
    「STORAGE FURNITURE vol.2 英国的収納術」
    です。

    洋服の収納に使うアンティーク家具をメインとしつつ、
    それだけではない、面白い使い方をご提案できればと思っております。

    1Fのディスプレイは、
    サヴィル・ロウのテーラーの雰囲気をイメージして、
    かっこいい感じに仕上がっているかと思います。

    家具だけでなく、
    服飾小物や雑貨などもございます。

    ぜひお楽しみください!

    この記事を読む

  • 2021/10/21スタッフの日常

    英国キューガーデンとボタニカルアート

    10月21日 岡田明美

    アフタヌーンティーでお腹を満たした後に向かったのは東京都庭園美術館。

    今回の展示は
    キューガーデン『英国王室が愛した花々』シャーロット王妃とボタニカルアート展です。

    ここ数年日本でもボタニカルアートは人気ですね。ジェオグラフィカでも取り扱っておりますが
    やはり原画の美しさは半端なく、また私が見ていたボタニカルアートは植物単体のものばかりですが
    当時は風景画の中にボタニカルフラワーが描かれているという構図の希少な作品も見ることが出来ました。
    キューガーデンへは行ったことが無いのですが、機会があれば行ってみたい場所になりました。

    今回の展示では撮影はほぼ禁止でしたが順路の最後に当時の英国の
    「ドローイングルーム」が再現されていました。
    18世紀のイギリスの邸宅では訪問客をもてなす「応接間」で (Drawing Room)の名称は、
    もとは夕食後にダイニングルームから引き上げた女性たちが、お喋りや縫い物などに
    興じるための場所であったことに由来し、後には女性を中心とした社交のための重要な空間となり
    時に読書や絵画制作のために使われる場所でもあったようです。

    この記事を読む

  • 2021/10/19スタッフの日常

    本日コンテナ入荷しました!

    10月19日 東海林 亮二

    ここ数日ですっかり秋めいた気候にもなりました。
    とても過ごしやすい良い季節です。

    さて、本日はこちら港北倉庫コンテナの入荷日です。
    外は雨がシトシト降っていますが、身体を動かすには適温です。
    これから荷下ろし始めます!

    この記事を読む

  • 2021/10/18スタッフの日常

    機種変更

    10月18日 大曲 美生

    先日、突然スマートフォンが壊れました。
    5年近く愛用していたのですが、
    勝手に再起動を繰り返してしまう状態に陥ってしまい、
    ほぼ何も操作ができないという非常事態に。

    もう買い換えるしか手はない…ということで、
    新しい機種をお迎えしました。
    今までになかった機能が色々と増えていて、浦島太郎です。
    それを活用しようと色々といじっているのですが、なかなか難しく…。
    デジタル機器にそれほど詳しくないので、おそらく新機能の10%くらいしか使いこなせていません。

    自宅では入らなかった5Gの電波が、ジェオグラフィカでは入りました!
    なんだか嬉しい〜!けど、4Gと比べて何がどう変わったのか実感はありません(笑)

    設定が落ち着いてきたので、そろそろかわいいカバーを探そうと思っています。

    この記事を読む

  • 2021/10/17スタッフの日常

    KOHOKU FACTORY

    10月17日 須田涼子

    先日はGEOGRAPHICA KOHOKU FACTORY へ行ってきました。

    イギリスからやってきたアンティーク家具が所狭しと並ぶファクトリー。
    その中からこれぞ!というものを発掘するのは宝探しのようでとても楽しいです。
    写真で見るのと印象が全然違うものもあり、勉強になります。
    特にチェアーやソファーなど、生地を張り替える商品は、
    どんな生地が似合うかな〜と想像しながら見るのも楽しかったり。

    ファクトリースタッフの手によって輝きを取り戻した家具たちは、
    毎週木曜日に目黒店へ入荷しています。
    ぜひご覧頂けましたら幸いです。

    この記事を読む

  • 2021/10/17アンティークのある暮らし

    -One-shot photo-#16:アンティーク家具が彩る濃密な空間

    アンティークのある暮らし -One-shot photo-より
    ジェオグラフィカで家具をお買い求め下さったお客様から
    とっても素敵なお写真をお送り頂きましたのでご紹介いたします!

    今回ご紹介いただいたのはジェオグラフィカの家具でアンティークな空間を楽しまれているリビング。
    窓の下にシンメトリーに配置したナイトスタンドは、ベッドサイドに置くだけでは無いお使い方をされてとても素敵です!
    他にもリビングの家具、カーテン、照明はほぼジェオグラフィカにてお選びいただいたものです。
    また素敵なワンショットをお送りいただけるのをスタッフ一同楽しみにしております❣️

    この記事を読む

  • 2021/10/16スタッフの日常

    ウィリアム・モリスのフェアはあと2日!

    10月16日 重本景子

    William Morris -his beautiful rewards 美しきご褒美-はラスト2日となりました!
    モリスのデザインは、イギリスのアンティーク家具に本当に良く馴染みます。
    ワンポイントのアクセントに、大胆に全面に、など取り入れ方も色々。
    1つのデザインも素敵ですし、個性的な柄と柄を組み合わせてみても意外に合うのが不思議なところ。

    大きめのソファやキャビネット、クッションや文具などの小物まで。
    ぜひ、いつもの生活にモリスのデザインを取り入れてお楽しみください!!

    この記事を読む

  • 2021/10/15スタッフの日常

    10月15日 萩谷優

    少しずつ涼しくなってきましたね。
    そろそろ鍋料理の季節です。

    鍋料理のいいところは、

    ・準備が楽
    ・美味しい
    ・野菜を多く摂れる

    といった感じかと思います。

    あれこれ考えずに作れて美味しい、
    これ以上望むことがあるでしょうか。


    鍋料理にも色々あるようですが、
    ついつい同じものを選んでしまいがち、、、

    今年は少し変わった鍋を作ってみたいです。

    この記事を読む

  • 2021/10/14スタッフの日常

    秋のアフタヌーンティー

    10月14日 岡田明美

    緊急事態宣言も明けたので、久しぶりにホテル・アフタヌーンティーを楽しんできました!
    アルコールも解禁なので、シャンパン付き!!
    (私はアルコールNGにつき、なんちゃってシャンパン...同行者はホクホクしてました)

    『秋の』が付きますからイモ・クリ・カボチャ素材がたくさん!!!

    甘い系も好きですがセイボリー系がもっと好きですwww
    お庭のグリーンを眺めながらまったりお喋り。
    紅茶はシンガポールの有名ブランド、TWG各種が飲み放題!



    2時間たっぷりと楽しみ、お腹も一杯になったところで
    本日の第2章『庭園美術館』へと乗り込みます。

    この記事を読む

  • 2021/10/13スタッフの日常

    ゴッホ展

    10月13日 大曲 美生

    現在東京都美術館で開催中の、
    「ゴッホ展 響きあう魂 へレーネとフィンセント」に行ってきました。

    世界最大のファン・ゴッホ作品の収集家、ヘレーネ・クレラー=ミュラーのコレクションを
    集めた展覧会で、ゴッホだけでなく、
    19世紀後半〜20世紀初めごろまでの他の近代画家たちの名作の展示もあります。

    原田マハさんの著書でゴッホをテーマにした小説「たゆたえども沈まず」が大好きで、
    ゴッホはなんだか身近で特別な感情があります。
    ちなみに今年5月に新しく出たマハさんの「リボルバー」もゴッホとゴーギャンがテーマで、
    こちらも文庫化を待たずに読みました。

    今回の展覧会はゴッホ作品の数がとにかく多いです。素描や版画も含めて50点ほど。
    生涯で残した作品数が多いからということもあるでしょうが、
    ここまで一人の画家の作品がずらりと揃うのは貴重なことではないでしょうか。
    しかも教科書に載っているような作品ばかりです。
    自分にしかできない表現を求めてもがき続けた画家の、溢れ出るパワーを感じることができました。

    ゴッホ展は日時指定予約制です。
    当日チケットを買うための行列に並ぶ必要がなく、混雑も抑えめなので、
    このシステムは今後もずっと続けてほしいなと思っています。

    この記事を読む

  • 2021/10/12スタッフの日常

    アンティークドール×現代創作人形

    10月12日 須田涼子

    先日は、人形の家で開催していた「アンティークドール×現代創作人形」を観に横浜へ。
    何年か振りの中華街にじんわりと嬉しさを感じつつ、美味しい中華でお腹を満たしました。

    「アンティークドール×現代創作人形」は、
    現代人形作家さんが、館に収蔵されているアンティークドールからインスピレーションを得て、オマージュ的に新たに製作した作品などが、
    インスピレーションの源になったアンティークドールと一緒に展示されていて、とても見応えのある展覧会でした。

    ジェオグラフィカの人形展にご参加下さった作家様の作品がたくさんあって、
    表情豊かでくすりとしてしまうような作品や、魅惑的に美しい作品が多く、観ることができてよかったです。

    この記事を読む

  • 2021/10/11スタッフの日常

    コスモス

    10月11日 重本景子

    先日、休憩に立ち寄ったカフェ。
    天気が良く外のテーブル席が気持ち良い日でした。
    テーブルからコスモスがぴょこっと顔を出す、花屋さんらしいカフェのインテリア。
    ガラスの天板下に花瓶がセットされていました。
    季節のお花を飾っていらっしゃるのですね。

    他にもたくさんの花に囲まれて居心地がよく、また来たいと思いました。
    久しぶりに見たコスモスに、秋だなーとしみじみ思いながら癒されました。

    この記事を読む

  • 2021/10/10スタッフの日常

    1834年

    10月10日 萩谷優

    ウィリアム・モリスは1834年生まれだそうです。

    当時の日本は11代将軍家斉の晩年、
    内憂外患による揺らぎが大きくなりつつある時代です。

    同年生まれの著名人を調べてみると、、

    ・江藤新平(〜1874)
    ・橋本左内(〜1859)
    ・川路利良(〜1879)
    ・近藤勇(〜1868)

    ということで、幕末の香りがします。

    ちなみに、
    近藤勇のお墓は東京や福島などに複数あります。

    横浜にも近藤勇にゆかりのあるお寺がありまして、

    旧東海道神奈川宿を過ぎた辺りにある勧行寺には、
    天然理心流の創始者、近藤内蔵之助の供養塔があります。


    モリスはそういう時代を生きた人であったと、
    頭に入れてから改めてファブリックなどを見てみると、
    また違った味わいがありそうです。

    この記事を読む

  • 2021/10/10アンティークのある暮らし

    -One-shot photo-#15: 素敵なコテージのベッドルーム

    アンティークのある暮らし -One-shot photo-より
    ジェオグラフィカで家具をお買い求め下さったお客様から
    とっても素敵なお写真をお送り頂きましたのでご紹介いたします!

    緑に囲まれた素敵なコテージ用に、繊細なペイントが描かれた珍しいチェストをお買い求めいただきました。
    木の豊かな風合いを生かした板壁に可憐なペイントを纏うアンティークのチェストが、
    まるで以前からそこに佇んでいたようにしっくりと馴染んでいます。
    ディスプレイされた小物使いも美しく居心地の良いお部屋ですね。
    素敵にお使い頂きありがとうございます!末永くご愛用頂けましたら幸いです。

    この記事を読む

  • 2021/10/09スタッフの日常

    アンティークボタン

    10月9日 岡田明美

    前回の続き、谷中を訪れた目的はずっと訪ねたかったこちらのギャラリー。


    こちらのギャラリーでは18世紀〜20世紀の稀少なアンティークボタンを中心に展示・販売しています。
    オーナーのドリーヴスさんはジェオグラフィカのお客さまでもあり、
    もちろんギャラリーでもジェオグラフィカの家具をお使い頂いております。

    ボタン・・・その小さな世界の美しい品の数々。時間を忘れて見入ってしまいました。
    もちろん自分用にも購入させていただき、アクセサリーとして使わせていただいております。


    *通常はギャラリー内の撮影はNGだとの事ですが、ご紹介させていただく上でご許可頂きました。

    窓枠には美しいステンドグラスが嵌め込まれておりました。

    谷中の住宅街の中に突如現れるレンガ造りの「英国式住宅」をギャラリーに。

    エントランスで猫ちゃんが出迎えてくれます。

    この記事を読む

  • 2021/10/08スタッフの日常

    休館日は…

    10月8日 大曲 美生

    ジェオグラフィカは毎月第1、第3水曜日を休館日とさせていただいています。

    水曜日といえば、多くの映画館で鑑賞料金が安くなる日です。
    映画が好き、というか映画館の雰囲気が好きな私は、
    休館日のたびに、できるだけ映画を観に行っています。
    うまくスケジュールが組めれば、1日に3本は詰め込んで観ます。
    体力的にきつくないように、
    テーマが重そうなものと気軽に楽しめそうなものをバランスよくスケジュールするのですが、
    これが毎回結構苦労します。

    先日観たのは、
    「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」
    「科捜研の女」
    「クーリエ:最高機密の運び屋」
    の3本。
    感想を詳しく書き始めると長くなってしまうので控えますが、
    やはり映画館のポップコーンは美味しいですね(笑)

    次の休館日には何を観ようか、今から計画スタートです。

    この記事を読む

  • 2021/10/07スタッフの日常

    いろいろ収納出来る家具

    10月7日 東海林 亮二

    10月に入りました。秋です。
    風が気持ちよく季節の変わり目を感じます。

    さて、今回は港北倉庫より修復完了間近の商品のご紹介です。
    1930年代〈推定〉のオーク材のホールローブ。
    色目は落ち着いたダークオーク色。質感もバッチリです。
    サイズ幅820 奥行460 高さ2,000

    衣類に限らず様々な物を収納出来るホールローブ。
    今回の内部の仕様は新規に棚板を3枚製作、オリジナルのポールやフックはそのまま残しました。
    限られたスペースに沢山収納したい、だけど普通の食器棚ではという方には是非お薦めです!

    詳細は目黒店舗にてご紹介しま〜す。


    前面のレリーフもとても奇麗です
    新たに棚板×3枚を取付けました
    内部も無垢材を使用したしっかりとした造りです

    この記事を読む

  • 2021/10/05スタッフの日常

    Tin's Collectionさん

    10月5日 須田涼子

    先日はメンテナンスして頂いていた時計の受け取りに、
    いつもお世話になっている「Tin's Collection」さんへ。

    コレクタブルアイテムから時計、アクセサリー、アンティークの照明器具に至るまで、
    素敵な品々が店内の至る所に所狭しと置いてあって、アンティーク好きには本当にたまらない空間です。
    ディスプレイも素敵で格好良く、とても参考になります。

    オーナーさんやスタッフの方々は朗らかで優しくアンティークへの造詣も深く、
    お伺いする度についつい長話をしてしまいます。(すみません。)
    お話に夢中で写真を撮り忘れてしまいましたが、最近Instagramを始めたそうで、
    綺麗な写真が掲載されていますので、ご興味のある方は是非フォローしてください↓。

    Tin's Collection Instagram

    メンテナンスして頂いた腕時計はレザーも新しくなって新鮮。
    また大切に長く使いたいと思います。

    この記事を読む

  • 2021/10/04スタッフの日常

    メンテナンス

    10月4日 重本景子

    先日、腕時計2つの電池交換に行きました。

    1つは洗浄もしてもらい、すっきりピカピカになって気持ち良いです。
    もう1つは暫く使っていない間に金属が変色してしまいショック。。。
    どうしよう・・・、と思っていたのですが
    職人さんがサービスで磨いて下さり戻ってきました。
    見違えるくらいピカピカになって、
    こんなところまで綺麗に!と金具部分など繊細なプロのお仕事に感動です。
    素材とお手入れのメッセージと磨くものも付けて下さいました。

    とても丁寧で安心感のある時計修理屋さんなので、
    いつもこちらに伺っているのですが、頼もしく対応してくださる。
    そんなところが素敵です。
    信頼できるところがあると安心ですね。
    改めて大切に使い続けようと思いました。

    ジェオグラフィカのアンティーク家具も、ワックスで磨くととても綺麗になります。
    日々のメンテナンスは大切ですね。

    ジェオグラフィカオンラインショップ・ワックスはこちら!

    この記事を読む

  • 2021/10/03スタッフの日常

    10月3日 萩谷優

    我が家は蛙がよく出ます。
    いわゆるガマガエルというやつです。

    集合住宅の敷地内には緑が多く、
    また周辺にも雑木林や灌木が茂っており、
    さらに近くに人工池まであります。

    初夏から秋口までの期間、
    雨の夜に舗装路まで這い出してきます。

    産卵期には池から鳴き声が聞こえます。


    、、、しかし今年はまだ姿を見ていません。
    そういえば、鳴き声も聞こえてこないような。。。

    特別好きというわけではないのですが、
    まったく見かけないと少しさみしい気がします。

    来年はまた元気な姿を見せてほしいです。

    この記事を読む

  • 2021/10/03アンティークのある暮らし

    -One-shot photo-#14:居心地の良いくつろぎのリビング

    アンティークのある暮らし -One-shot photo-より
    ジェオグラフィカで家具をお買い求め下さったお客様から
    とっても素敵なお写真をお送り頂きましたのでご紹介いたします!

    今回ご紹介頂いたのはご新居のソファーとネストオブテーブルズ。
    ソファはブロガンザフィートのとても凝ったデザインで、
    座面が広く座り心地も良いとのことでお気に召していただきました。
    ネストテーブルもサイズ感がぴったりでご愛用いただいております。
    各テーブルはソファフロントとサイドへ、美しいランプもセットして大活躍。
    ぜひ取り入れたい素敵な使い方ですね❣️
    そしてクラシックなダマスク柄が優雅なカーテンもオーダーいただきました!
    アクセントのトリムにもセンスが光ります。
    "ご新居のリビングがお好みに合ったくつろげる空間になってきて嬉しい"と
    おっしゃっていただき私たちスタッフも嬉しい気持ちでいっぱいです!

    アンティークとともにお好みのインテリアに囲まれ過ごされる時間は格別なのではないでしょうか。
    素敵なお写真をありがとうございました。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

    この記事を読む

  • 2021/10/02スタッフの日常

    穴子寿司と愛玉子

    10月2日 岡田明美

    久し振りの「食いしん坊日記」です。

    用事があって谷中へ行ってきました。
    前々から気になっていたお寿司屋さんで穴子寿司のお弁当を購入、公園で食べました。
    (人気店で行列なんです・・・持ち帰りは予約で受け取れるので)

    江戸前産限定の穴子を煮て作る握り寿司。
    今まで食べた事がない程ふっくら!
    友人と半分こしましたが、これは一人前ペロリと食べれる!!

    その後谷中界隈をぶらぶらして、上野へ向かう途中の第二の目的店。

    大正時代から在るという喫茶店??
    愛玉子はオーギョーチィと読みます。
    台湾の薬膳ゼリーで、腎臓の妙薬と言われているそうです。
    こう見えて白米と同じくらいのカロリーがあるそうで・・・



    上野へ向かう途中にはこんなレトロな喫茶店もあり下町散歩を楽しみました。

    この記事を読む

  • 2021/10/01スタッフの日常

    秋の味覚

    10月1日 大曲 美生

    秋の味覚といえば何を思い浮かべるでしょうか?

    私の場合は、生すじこ、です。
    早ければ8月の終わりくらいからスーパーの鮮魚コーナーに並ぶのですが、
    ちょうど今くらいが粒も大きくなってきて、旬の時期になります。

    一番大きいサイズのものを選んで買って帰り、いくらにバラして、醤油漬けにします。
    バラすときは、熱めのお湯に浸すと外側の皮が意外と簡単にべろんと取れます。
    何度かお湯を替えて、浮いてくる小さな皮も地道に取り除きます。
    ひとり静かに目の前のいくらに集中できる、この時間が好きです。
    台所は生臭くなるので要注意です。

    漬け汁は、酒・しょうゆ・みりんを1:1:1で、軽く煮切ります。
    火を止めてから昆布を一切れ入れるとぐっとおいしくなります。

    漬けておく時間は、本当は1、2時間でも十分だそうなのですが、
    私はいつも夜に仕込んで、翌朝、炊きたてのご飯にのせていただくのを楽しみに寝ます。

    手間はかかりますが、いくらになっているものを買ってくるより少しはお得なのと、
    とにかく味がおいしい、気がします。
    今年は白だしや塩のみの味付けにも挑戦してみようと思っています。

    写真は、今シーズン3回目の生いくらです。


    この記事を読む

  • 2021/09/30スタッフの日常

    読書の秋

    9月30日 須田涼子

    調べ物があり、何年か振りに図書館へ行きました。

    目的の本とは別に、気になる本を沢山借りてせっせと読書に勤しんでいます。
    図書館へ行くと面白そうな本が沢山あって、
    ちょっと興味があるものも手に取りやすく、やっぱり楽しいですね。

    読書の秋を体現したいと思います。

    この記事を読む

  • 2021/09/29スタッフの日常

    高級食パン

    9月29日 重本景子

    以前からの高級食パンブームに乗れていませんでしたが、
    先日、通りがかかりの催事ブースに期間限定で出店していたので
    これはチャンスと思い初購入してみました。
    発売当時に気になっていた抹茶蜜は完売。
    でも高級な方の抹茶蜜はあるとのこと。
    抹茶が好きなので、より気になります。思い切って追加してみました。

    高級食パン、濃厚ふわふわで美味しかったです。
    抹茶は香りが良く、こちらも濃厚で美味です。
    残りはバニラアイスにかけて食べようと思います。

    いつものものにちょっとプラスして気分が上がること。
    そんなところも良いですね。

    この記事を読む

  • 2021/09/28スタッフの日常

    健康診断

    9月28日 萩谷優

    すこし前に健康診断が終わりました。

    検査結果はさておき、
    一年ぶりに体位測定をしたわけですが、、

    身長も体重も腹囲も少なくなっていました。
    体がしぼんでいるのでしょうか?



    身長は約一センチ縮みました。

    あまりいい気持ちではありませんが、
    これといって困らないので良しとします。



    体重と腹囲が減っていたのは嬉しいです。

    実は今は緩やかなチート期なのですが、
    思っていたよりも体重が多くなくて安心しました。
    定期的に運動をしているのが良いのかもしれません。


    こうして自分の健康と向き合う機会があることは、
    とてもありがたいことだなと実感しています。

    この記事を読む

  • 2021/09/27スタッフの日常

    キャ、キャビネット

    9月27日 東海林 亮二

    今回は港北倉庫のお薦めキャビネットをご紹介します。

    アンティーク家具の中でも現代のインテリアにも馴染みやすく
    人気の高いアイテムの一つです。

    キャビネットは自分自身で好きな物を自由に飾って見て楽しめる家具です。
    食器、ガラス、陶器類は勿論の事、お人形等も良いですね。
    何を飾ってもOKです!
    重さが許す限りにおいて!


    いずれもW600〜700程の頃合いの良いサイズです。こちらは現在修理進行中です。 背をミラーに変更する事も可能です。
    こちらのキャビネットは背、底板のクロスを張り替え もう間もなく目黒店舗へお目見えします

    この記事を読む

  • 2021/09/26スタッフの日常

    モリス✖️額縁

    9月26日 岡田明美

    『William Morris-his beautiful rewards 美しきご褒美-』好評開催中です。

    今回、モリスの生地や壁紙クロスを使った額装を制作いたしました。
    オリジナリティー溢れる額装はインテリアのスパイスになる事間違いなし!

    COMPTON-コンプトン-

    BRAMBLE-ブランブル(野ばら)-

    BIRD AND POMEGRANATE-鳥とざくろ-

    WILLOW BOUGH-ウィロー-

    商品についてのお問い合わせもお気軽にどうぞ。

    この記事を読む

  • 2021/09/26アンティークのある暮らし

    -One-shot photo-#13:シャツキャビネットの素敵な使い方

    アンティークのある暮らし -One-shot photo-より
    ジェオグラフィカで家具をお買い求め下さったお客様から
    とっても素敵なお写真をお送り頂きましたのでご紹介いたします!

    シャツキャビネットをなんと食器収納としてお使いいただいております!
    沢山の引き出しが備えられ、更に見やすいシャツキャビネットは
    食器棚としても優秀なアイテム!目から鱗の新鮮なアイディアでした✨
    キャビネットの中にアンティークの藍色の器を入れて下さっているとのこと。
    機能美光るシンプルなデザインは、和食器との相性も抜群で美しいです✨

    「アンティーク家具はなかなかいつも会えるわけではないので、出会ったタイミングで決断して良かったと思います!」
    との嬉しいお言葉も頂戴いたしました

    素敵なアイディアを頂き本当にありがとうございます☘️
    どうぞ末長くご愛用くださいませ。

    この記事を読む

ブログアーカイブ