GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2019/06/18スタッフの日常

    好物!

    6月18日 土田麦菜

    休みの日、憂鬱な気分になる映画を見に行ってしまったので、
    (ダンサーインザダークの監督作品と言えば見たことある方にはなんとなく伝わるでしょうか)
    すこしでも気分が晴れればと思い好物を食べに行きました。

    サクサクもちもちのバンズに、分厚いパティ!ベーコン!チーズ!
    とてもハイカロリーな見た目ですが、それは恐らく見た目だけではなく、
    あ、でも意外に野菜もたくさん入っています。

    写真を見ているうちにもう一度食べたくなりました。

    この記事を読む

  • 2019/06/17スタッフの日常

    うつくしいもの

    6月17日 須田涼子

    -Botanical Motif Gems- アクセサリー&ボタニカルフェア、
    たくさんの方にご来店頂き、ありがとうございます。

    美しいアクセサリーを身につけてお出かけすると、
    いつもより自然と身のこなしが綺麗に、丁寧になるような気がします。

    幻想的で美しく、どこかノスタルジックで温かみのあるLhiannan:Sheeさんの作品。
    ボタニカルをモチーフにした作品が多く、
    その中でも特に今回の”ボタニカル"というテーマに合う素敵な新作や過去の作品を展示しています。
    独特の美しい世界観はアンティークとも通づるものがあり、
    個人的にも大好きな作家さんです。

    【図鑑卵のバングル&ネックレス】
    ・・・「様々な植物を立体的に映し出す事の出来る便利な卵型の図鑑は、勉強熱心な妖精たちの必需品です。」

    透明樹脂製の卵の中に、様々なドライフラワーと図鑑の切れ端が封入された図鑑卵のバングル&ネックレスは、
    細部に至るまで緻密で繊細。
    図鑑部分は裏窓になっているので、光に透けるとキラキラと輝きとっても幻想的です。

    【女王のための冠リング Ⅱ】
    ・・・「芽吹いたばかりの草花で出来たその冠は、大好きな5月の女王の為に妖精たちがこしらえた、とても特別な冠なのです。」

    ドライフラワーが閉じ込められた透明樹脂パーツを美しい草花が冠のように囲んでいます。
    小振りなサイズで付けてみるととてもしっくり、指が綺麗に見えるのです。
    年齢を問わずお楽しみ頂ける可憐で美しいリングは、実はフリーサイズ仕様なところも嬉しいポイント。
    デザインの一部の様な自然なフリーサイズの形状になっています。


    個展「Sleeping Pupils ~眠れる森の生徒たち~」より、
    泡占いのバングル

    【泡占い】
    ・・・この村では子供しか使えない特別な石鹸があります。
    その石鹸を、たっぷりと泡立てると、まぁ不思議。
    今夜訪れたり、目にするであろう景色が泡の中へ次々現れてその日の夢を予兆すると言われています。


    泡をイメージした透明樹脂の中には、ドライフラワーが散りばめられていて、
    光が当たると本当の泡のようにキラキラと輝きます。




    ぜひ店頭でその美しさをお楽しみください。

    この記事を読む

  • 2019/06/17アンティークのある暮らし

    #1:マホガニーの一人がけソファー

    こんにちは、「アンティークのある暮らし」ライター兼エディターの萩谷と申します。

    この「アンティークのある暮らし」はお客様にアンティークとの生活を紹介していただくコンテンツです。

    10人いれば10通りのスタイルがあるはずで、それはどれもその人らしい素敵な楽しみ方だと思います。
    もし、その十人十色のアンティークライフを共有することができたら、
    すべてのアンティーク愛好家にとって、とても有益なのではなかろうか?という思いからこの企画はスタートしました。

    インテリアは基本的にプライベートなものかもしれませんが、
    それを共有することで新しい楽しみ方やコミニュケーションが生まれるきっかけになればとても嬉しく思います。


    さて、人のお部屋を見せていただくにはまず自分の部屋を開示すべきですよね?
    ということで、僭越ながら初回は私の「アンティークのある暮らし」をご紹介いたします。

    マホガニーの一人がけソファー

    私の家のアンティーク家具は、2012年に購入したマホガニーの一人がけソファーです。

    購入のきっかけ

    当時はまだ、横浜市青葉区荏田町にファクトリーがありまして、
    コンテナの荷受けにいったらこのソファーが積まれていました。

    降ろしているときからなんとなく気になって、
    気になるから見ているうちに好きなってしまったパターンです。

    購入時のエピソード

    張り替える生地にこだわって、生地屋さんのショールームまで選びに行きました。
    当時はまだ若かったので頑張れたのだと思います。

    こだわって選んだ生地なので、当初は汚さないように気をつけていましたが、
    6年経った今ではあまり気にせず普通に使っています。

    我が家には娘が二人おりますが、購入当時はまだ小さくて、
    ソファーのシートにすっぽり収まるようにして座っていたのが印象に残っています。

    どのように使っているか

    我が家は来客がある家ではないので、家族専用のソファーです。
    特別「アンティーク」だということを意識することは殆どありません。

    リビングには3人がけのソファー(アンティークではない)もあるので、
    寝転がりたいときはそちらへ、ちゃんとテレビを見たいときにはこのソファーに座ります。

    気に入っているポイント

    コロッとしてボリュームのある形が気に入っています。
    最近はちょっとクッションがへたってきて、全体的にしぼみ気味なのが少し気になります。

    あとは足が短くてかわいいです。

    アンティーク家具の魅力

    「使われている材質がいい」とか「手入れをしながら長く使える」とか、色々あるとは思いますが、
    そういったものをすべてひっくるめて、すごく「本物」な感じがするところな気がします。

    本当に良い物だからこそ、今まで残されてアンティークになっているわけで、
    そういうものを特別意識せずに日常生活で普通に使うことができる。
    それがアンティークの魅力ではないでしょうか。

    「アンティークのある暮らし」とは

    私にとってアンティークのある暮らしとはどんなものか、

    何かの歌詞にありましたが、

    「気がつけばそこにあるもの」という感じでしょうか、、、改めて考えるとすごく難しいです。


    みなさんにとっての「アンティークのある暮らし」はどんなものでしょうか?
    これからたくさんのお話が伺えることを楽しみにしております。

    皆様からの投稿お待ちしています!

    「アンティークのある暮らし」では投稿を募集しております。

    「アンティーク家具が部屋にあるだけで幸せ」とか
    「この家具こうやって使ってるけどとっても便利」とか
    「こんな使い方してるの多分ウチだけだと思う」とか

    皆さんそれぞれ楽しんでいるアンティークライフをぜひ教えてください。

    「教えてあげてもいいよ」という人は下記リンクの投稿フォームよりお願いします。

    「アンティークのある暮らし」投稿フォーム

    この記事を読む

  • 2019/06/16スタッフの日常

    大阪

    6月16日 重本景子

    大阪のおみやげを頂きました。
    レトロな缶が可愛い、くいだおれ太郎のサブレ。
    サブレひとつひとつ、袋に色々な大阪弁が書いてあり面白いです。
    中には初めて聞く言葉もあり、意味はまだ分かりません。
    日本語っておもしろいな!と思いました。

    大阪といえば学生の頃に行ったUSJの思い出。。。
    その時はスヌーピーのアトラクションとショップに
    テンションが上がりっぱなしだったことを良く覚えています。
    あれからずいぶん年月が経ち、かなりのバージョンアップをしているので
    とても行ってみたいです。

    この記事を読む

  • 2019/06/15スタッフの日常

    仕切り

    6月15日 萩谷優

    先日、横浜ファクトリーにコンテナ便が到着しました。

    その中に一つ、ちょっと気になる家具が

    こちらのオークのビューローです。

    一見すると普通ですが、、、

    このように、中の仕切りがスクエアになっています。

    きっと、当時の持ち主のこだわりポイントだったのでしょう。

    細かく仕切られていると、わけもなく気持ちが高ぶりますね。

    もし「このビューロー気になる!」という方がいたら、下記リンクよりお問い合わせください。

    お問い合わせ

    この記事を読む

  • 2019/06/14スタッフの日常

    新旧交替

    6月14日 岡田明美

    最近、キャリーケースを新調しました。

    20数年使用していたケースがいよいよダメになりかけています。
    一度壊れたのを直して使ってきましたが、古いタイプで機内持ち込みにあとちょっとで『アウト!』
    移動の際の「ゴロゴロ音」も中々の音量で・・・

    思い切って新しいのを購入、新旧交替です。
    といっても、この夏の旅先は未定ですが。。。

    今年中に何とか使いたいと思います!

    と、言いつつ古い方を捨てれるのか??自分!!

    この記事を読む

  • 2019/06/13スタッフの日常

    ボタニカル

    6月13日 中野美穂

    現在GEOGRAPHICAにて開催中のフェア『Botanical Motif Gems』。
    普段は家具中心にディスプレイしている店内も、特別に入荷したたくさんのアクセサリーにあふれ、可愛さと美しさで輝いております!

    さて、今回のフェアのもう一つのテーマである“ボタニカル”。

    田んぼに囲まれた地域で育ち、空き地や林に入り込んでは摘んだ草で草笛を作ったり花の蜜を吸ったりして遊んでいた私は、花屋さんの立派なお花はもちろんですが、道端に生えているような小さな草花にも愛着があります。

    博物学が盛んだったヨーロッパでは野花を細密に写し取った植物図譜も多く描かれており、葉脈から根っこまで忠実に描かれたボタニカルアートは、劇的な表現ではありませんが眺めているだけで好奇心をくすぐられるものがある気がします。

    店頭には今回のフェアのために額装済みのボタニカルアートも多数入荷しております!
    また、額装していない状態の物にはかなりお手頃な価格の物もございますので、お店にいらした際にはぜひごゆっくりとお手にとってご覧ください。

    この記事を読む

  • 2019/06/12スタッフの日常

    お気に入りの一角

    6月12日 土田麦菜

    好評開催中の、~Botanical Motif Gems~アクセサリー&ボタニカルのフェア!!
    外は雨が降り薄暗くても1Fのイベントスペースはキラキラと輝いております。

    中でも個人的にお気に入りの一角は、入荷したばかりの、
    コーナーキャビネット×イージーチェアー×フロアランプの組み合わせ。

    チェアーは奥行き深めでリッラクスタイムにぴったりです。
    シックなダマスクパターンとモーブカラーの組み合わせも上品で美しい。

    下はプロカメラマンによる美麗ショット。
    表情豊かなファブリックとアカンサスの彫刻などボタニカルモチーフも施されています。
    チェアーに腰掛け優雅に読書をしながら紅茶を飲んだりしてみたいですね。

    可愛いアクセサリーを見ると曲がりなりにも女子なので、テンションがぎゅんぎゅん上がりますが、
    これらの家具を眺めていると、逆に心が落ち着いてきます。
    森の中のような、夜の海のような静謐で穏やかなイメージがあるというか
    ちょっと何言ってるかわからなくなってきましたが、
    何が言いたいかというと、とにかくステキ!の一言です。

    この記事を読む

  • 2019/06/11スタッフの日常

    バルーンバックの美しさ

    6月11日 須田涼子

    -Botanical Motif Gems- アクセサリー&ボタニカルフェア、
    梅雨入りしお足元の悪い中、たくさんの方にご来店頂き誠にありがとうございます。

    たくさんのアクセサリーに囲まれ、キラキラとした店内になっています。
    Lucy&Matildaさんの可愛くてノスタルジックで鮮やかなアクセサリーは種類が豊富。
    きっとお気に入りの一点と出会えるのではないでしょうか。

    繊細で美しいLhiannan:Sheeさんの作品は一点一点じっくりと、
    その造りの細かさや美しさをご堪能頂けば幸いです。
    (写真はプロのカメラマンに撮影していただいたものです。)

    美しいアクセサリーにそっと寄り添う、アンティークチェアーも入荷しています。

    "Balloon = 気球のように膨らんだ" 背中を持つバルーンバックチェアーは、
    19世紀、ヴィクトリア時代に新しく誕生した椅子デザインのひとつ。
    こちらのバルーンバックチェアーのトップレールの彫刻は立体感があり芸術的。
    ダマスク柄が浮かび上がるグレー×ブラックのシックなファブリックを用い、退廃的な雰囲気に仕上げました。

    特設ページも更新致しましたので、そちらもぜひご覧ください!

    -Botanical Motif Gems- アクセサリー&ボタニカルフェア

    アクセサリー&ボタニカルフェアは6月30日まで。
    期間中、6月19日(水)は休館日ですので、ご注意ください。

    皆様のご来店をお待ちしています。

    この記事を読む

  • 2019/06/10スタッフの日常

    ラテアート

    6月10日 重本景子

    先日外出した時に、休憩でコーヒーを飲みました。
    こだわりのコーヒー、そしてラテアートがとても可愛いお店です。
    ブリュレとラテアートを注文。
    ラテアートはカラフルなスワン。
    また何か描いてもらいたい!ので、また行きたいと重います。
    丁寧な1杯は癒しです。

    この記事を読む

  • 2019/06/09スタッフの日常

    オークのブックシェルフ

    6月9日 萩谷優

    新入荷でとてもソリッドなオークのブックシェルフがやってきました。

    やや、物足りないくらいの素っ気なさ、こういうのがいいんです。

    オンラインショップのリンクはこちら

    この記事を読む

  • 2019/06/08スタッフの日常

    たまごサンド

    6月8日 岡田明美

    関東生まれ関東育ちの私の中での「たまごサンドイッチ」は、
    ゆで卵を潰して、マヨネーズやマスタードと和えてパンに挟むモノ!と決まってました。

    昨今は関西勢に押され?東京のカフェのサンドイッチには「たまご焼き」を
    挟んだものが多くなっている気がします。

    それはそれでたまご好きとしてはアリ。
    ぷよんぷよんの厚い出汁巻??と思うようなのが挟まって出てくることもしばしば。

    うまいっす!

    この記事を読む

  • 2019/06/07スタッフの日常

    ジョン・ルーリー展

    6月7日 中野美穂

    ライトイエローの鮮やかな色彩なのに、どこか鋭く寂しい印象の絵。
    いつものように、ハッと目に入って来たポスターに惹かれ、『ジョン・ルーリー展』に行ってきました。

    お恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、アメリカの著名なサックス奏者にして俳優さんだそうです。
    色彩感覚にあふれた作品ですが、描かれているモチーフや筆致はとげとげしさや怒り、そして時に繊細さに満ちて、ぐるぐると頭の中をかき混ぜられているような心もとない感覚に襲われました。
    バスキアとも一緒に制作をした事もあるという事で、なるほど納得です。
    (バスキア展も楽しみです!)

    時折作品に書き込まれている言葉やタイトルなどはやはり音楽的な印象。
    普段はあまり行かないタイプの展覧会だったのですが、こういうのもまた新鮮で面白い出会いですね。

    この記事を読む

  • 2019/06/06スタッフの日常

    初月島

    6月6日 土田麦菜

    人生で初めて、月島に行ってきました。
    下町の雰囲気を堪能しつつ、もんじゃ屋を二軒はしごしました。

    お店のお姉さんが素晴らしい手捌きで焼いてくれたもんじゃは一層美味しかったです。

    この記事を読む

  • 2019/06/04スタッフの日常

    Gems

    6月4日 須田涼子

    6月8日(土)から始まる『-Botanical Motif Gems-アクセサリー&ボタニカルのフェア』のため、
    ディスプレイを大きく変更中です。
    店内整っていないところもありますが、
    通常通り営業中ですのでどうぞお気軽にお越しくださいませ。

    フェアーのタイトル "Gem" は "宝石のように美しいもの"ということで、
    長く大切にしたいアクセサリーや植物画、美しいアンティーク家具が入荷いたします。
    暑い毎日が続いていますので、ご来店くださる皆様が少しでも涼やかに気持ちよく、
    そして楽しくお過ごし頂き、お気に入りの一点と出会うことができれば良いなと思っています。

    ぜひ店頭へお越し下さいませ。
    ご来店をお待ちしています。

    この記事を読む

  • 2019/06/03スタッフの日常

    音楽

    6月3日 重本景子

    先日、ウィーン少年合唱団を聴きに行きました。
    天使の歌声、なるほどです。
    透き通る声に、心が洗われました。
    人の声は直に内側に響くものなのですね。
    素晴らしいです。

    日本公演に併せて全て日本語で曲の紹介をしてくれるという
    心温まる演出。
    さらにクリムト仕様のベーゼンドルファーのピアノの伴奏で
    特別感もありました!

    この記事を読む

  • 2019/06/02スタッフの日常

    キャビネット

    6月2日 萩谷優

    今週は小さくて可愛いキャビネットが2つ入荷しました。

    すぐ売れてしまうのでお早めに。

    この記事を読む

  • 2019/06/01スタッフの日常

    麺喰いです。

    6月1日 岡田明美

    今日から6月 !!! 信じられません〜〜
    あっという間に半年過ぎちゃうんですね。。。

    それにしても5月の気候は酷かったです(泣)
    爽やかな筈の新緑の季節は何処へ行ったのでしょう?
    真夏日とか、なんやのそれ!?
    真冬生まれの私は既にぐったり。

    で、冷たい麺を食す日々。
    外出先でも、お家でもツルッとね。

    つゆ甘め、東京味です。
    えっ?パンダ素麺ってこう言う事!?

    この記事を読む

  • 2019/05/31スタッフの日常

    冬物総仕舞い

    5月31日 中野美穂

    真夏のように暑い日が増えています。
    実は5月半ばまでコタツと毛布でぬくぬくと過ごしていた寒がり人間ですが、さすがに日中の暑気に当てられ、冬物を一気に片付ける事にしました。

    近所に大物も洗えるコインランドリーを発見したので、せっかくなので自分で洗ってみる事に。
    実はコインランドリーは人生初体験です。

    ゴゥンゴゥンとすごい勢いで回転しています。写真を撮ると中心部分だけブレブレです。
    洗濯が終わると次は乾燥機へ投入ですが、こちらも良い回転っぷりで、内心どきどきです。

    仕上がりはいかがでしょうか?
    さすが高温乾燥という事で予想以上にふかふかです。不安だった抜け毛などもなく無事に仕上がりました。
    洗剤も自動投入、便利な洗濯グッズや暇つぶし用の雑誌なども完備されており、最近のコインランドリーはなかなか発展しているんだなぁと感じました。

    その日は家でも1日がかりで洗濯機を回し、冬物の仕舞い洗いも完了!
    これでようやくすっきりと夏を迎える事ができそうです。

    この記事を読む

  • 2019/05/30スタッフの日常

    価値ある一冊

    5月30日 土田麦菜

    公開中の映画、"アメリカン・アニマルズ"を見てきました。

    12億円!の価値があると言われるオーデュボンの画集『アメリカの鳥類』、
    大学の図書館からそれを盗み出すため、4人の大学生が企てた強盗事件と事の顛末を描いた本作。
    なんと2004年に起こったリアルな事件を忠実に再現した実話というから驚きです。

    大筋は役者が演じているのですが、合間合間に本人たちが出演し、ドキュメンタリータッチで進行する不思議なスタイルで作られているのも新鮮。

    鑑賞してみて、犯罪はもちろん悪ですから、バカだなぁと思う気持ちが大半でしたが、
    人と違う事をしたい!という若さ故の衝動に突き動かされていく様はとてもロックだ、と感じました。

    この記事を読む

  • 2019/05/29スタッフの日常

    Florist

    5月29日 須田涼子

    ドライフラワーが欲しくて気になっていたお花屋さんへ。

    渋谷の喧騒から離れ代々木八幡へ向かう裏道の途中に、
    植物で溢れた癒しの空間が突如として現れます。
    絶望的に方向音痴の私はなぜか裏口から入ってしまったのですが、
    表には階段があって、植物がたくさん並べてあり可愛い!&良い香りです。

    目的のドライフラワーは天井や奥、裏口の外にまでたくさんの種類があり選び放題!
    色付けされたお菓子のように可愛いらしいものからナチュラルなものまで、
    色味も形も美しくしかも良心価格。
    素敵なお花屋さんでした。

    この記事を読む

  • 2019/05/28スタッフの日常

    木星の見頃

    5月28日 重本景子

    先日、木星を望遠鏡で見ました。
    シマシマの大きな惑星とその衛星。

    6月11日には衝になるので、見頃を迎えて楽しみです。
    衝は、木星が地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間。
    あんなに遠い星々が見えるなんて!ロマンがあるな〜と思います。
    衛星もひとつひとつが個性的で、おもしろいです。
    ガリレオ衛星たちを、またしっかりと見たいです。

    この記事を読む

  • 2019/05/27スタッフの日常

    にんじん

    5月27日 萩谷優

    これはにんじんです。

    切り落とした”へた”を育てています。
    花が咲いたら嬉しいです。

    これは南天です。

    ことしは実がなるといいなと思っています。

    このなかにはメダカがいます。

    だいぶ数が減ったので、今年は頑張って増やします。

    今日も暑いので熱中症にご注意ください。

    この記事を読む

  • 2019/05/26スタッフの日常

    東寺展ー空海と仏像曼荼羅ー

    5月26日 岡田明美

    (前回の続き)東照宮売店で遅いランチを済ませ、公園を突っ切り
    この日のメインイベント『国宝・東寺ー空海と仏像曼荼羅』の会場トーハクへ。
    やはり連休後ということで、こちらも割と空いていました。

    仏像BABAとしましては、これは見ておかないと!

    空海が密教の真髄を目に見える形で表した、東寺講堂の21体の仏像からなる立体曼荼羅。
    今回の特別展ではその中から15体がご上京され、全方位360度から見られるように
    展示された会場の雰囲気は圧巻でした!

    まもなく(〜6/3)会期終了です。
    仏像がお好きな方は是非訪れてみてください。

    会場で唯一撮影ができる「帝釈天騎象像」

    東洋館前のツツジが満開でした。

    この記事を読む

  • 2019/05/25スタッフの日常

    想像力の世界

    5月25日 中野美穂

    絵本作家ショーン・タンの展覧会が開催中とのことで、練馬にあるちひろ美術館へと行ってきました。
    『アライバル』という、新しい土地へと渡った移民の姿を描いた絵本で世界的に有名になった作家さんですが、日本での大きな個展は初開催との事です。

    少ない言葉と緻密な描写で可愛らしくも奇妙な世界を描き出す彼の作品。
    以前から大好きだったのですが、会場には立体作品やアニメーション、アトリエを再現した展示もあり、その絵本の世界に入り込んだような空間にワクワクが止まりませんでした。

    美術館そのものもとても心地良い場所です。
    日差しが差し込む小さなお庭や子供達がのびのびと過ごせる絵本コーナーなど、ゆったりと過ごせる心配りが素晴らしく、まさに街中の憩いの空間という感じでした。
    小さなカフェもあったので、ぜひ次回はそちらでお茶も頂きたいです。

    この記事を読む

  • 2019/05/24スタッフの日常

    モリスの壁紙

    5月24日 土田麦菜

    横浜に行ったついでに、SOGOで開催されている
    "ウィリアム・モリスと英国の壁紙展"を覗いてきました。

    産業革命後、手軽に安価に室内を装飾できる魔法のアイテムとして流行した、
    「壁紙」にフォーカスをあてた今回の展示。
    モリス商会の壁紙はもちろんのこと、制作に使用する木版や、
    モリス前の今やサンダーソン社の代表とも言えるボタニカルデザイン、
    ウェストミンスターで使われた壁紙などなど、思いの外展示数も多く驚きました。
    現在は製品化されていないモリス商会のデザインを始め、
    まだまだ知らなかった作品をたくさん見ることができたのも良かったです。

    入場後すぐに壁一面のピンパネル!
    花の名前を知らない私は、中央の対になった白い花がずっとメインだと思っていたのですが、
    それはチューリップで"るりはこべ"はつぶつぶした小さな花のことなのですね。
    まだまだ勉強が足りません…精進します。

    この記事を読む

  • 2019/05/23スタッフの日常

    -Botanical Motif Gems-

    5月23日 須田涼子

    6月8日〜30日まで、
    ジェオグラフィカではアクセサリーとボタニカルのフェアを開催いたします。

    アンティーク&ヴィンテージジュエリーや、
    アンティークパーツを使ったアクセサリー、Lhiannan:Sheeの美しい作品等を、
    ボタニカルモチーフが施されたとっておきの家具とともに展示・販売。
    ボタニカルをテーマに集められたアイテムや、ボタニカルアートも入荷する予定です。

    みなさまのご来店をお待ちしております。

    -Botanical Motif Gems-アクセサリー&ボタニカルフェア

    この記事を読む

  • 2019/05/22スタッフの日常

    フラワーマーケット

    5月22日 重本景子

    少し前に、虎ノ門のフラワーマーケットに行きました。
    色々なお花屋さんや、フードブースが集まっており、
    華やかで可愛らしいマーケットでした。

    リースやスワッグが欲しいと思っていたのですが、
    どれもこれもかわいいので迷ってしまい、
    結局購入したのはお菓子だけでした。
    ひとつひとつ丁寧に作られたお菓子は、
    とても美味しかったです!

    この記事を読む

  • 2019/05/21スタッフの日常

    90億円のドジョウ

    5月21日 萩谷優

    ご存知のかたも多いと思いますが、明日はビットコインピザデーです。
    2010年5月22日、1万ビットコインと2枚のピザが交換されました。
    これがビットコインを使った世界ではじめての取引です。

    1万ビットコインは現在約80〜90億円の価値があります。
    二匹目のドジョウを探して見る価値がありそうですよね。

    この記事を読む

  • 2019/05/20スタッフの日常

    昭和タイムスリップ

    5月20日 岡田明美

    最近よく行きます!U・E・N・O

    前回のブログで紹介した、東照宮からトーハク(東京国立博物館)へと
    移動途中に噂の売店の前を通り、ランチを食べ損なっていたので
    そのインパクトに引き込まれ、入ってみました!

    上野公園内には(スタバはもちろん)おしゃれなカフェが点在しておりますが
    『ココ何処?』感、半端ないし令和から昭和へとタイムスリップした感じ。

    東照宮売店というのが正式名称。

    ゲゲゲの鬼太郎とか出てきそうな佇まい。

    しかし、有名な売店らしくテレビの紹介も頻繁にあるそうで
    店内には多数のサインが飾られていました。

    店内も中々にタイムスリップ感!
    平日の午後3時で貸切状態。

    お店の方に聞いたら、やはりGW中は一日中大行列だったそうです。

    メニューも軽食から珈琲(!)までバラエティ豊か。

    焼きそばとビール。

    昼間からビール!うめぇ。

    ほぼアルコールは飲めない体質ですので、ビールは友人がごくごく。
    焼きそばは、麺とキャベツと紅生姜、刻み海苔!以上・・・
    あと50円高くていいから肉、入れて欲しいなぁ。

    再訪確定!

    この記事を読む

ブログアーカイブ