GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2019/10/24スタッフの日常

    額装新フレーム

    10月24日 重本景子

    ジェオグラフィカでは額装も承っておりますが、年に2回新しいフレームが入荷します。
    今年も秋冬コレクションの新しいデザインが加わりました!

    最近は額装も出来ることが浸透してきたのでしょうか、
    以前よりもお持ち込みいただく作品が増えています!
    写真、絵画、刺繍、立体のコレクションなど様々。
    どれもさらに素敵になります。
    ぜひお気軽にご相談ください。
    1階カウンターでたくさんのサンプルからお選びいただけます!

    この記事を読む

  • 2019/10/23スタッフの日常

    オークのブックケース

    今、ジェオグラフィカには背が高くてとても良いオークのブックケースが2つあります。

    まずはこちら、

    商品番号:809-I-0068
    サイズ:W:1,070 /D:310 /H:2,120
    材質:オーク材
    年代:1930年代

    非常に良いブックケースです。

    まず目を引くのはトップの装飾、

    草木文様の彫刻は奥行きがあり、また扉のガラス部も意匠も美しい。

    棚板は上下に1段ずつ動かせます。


    そして材質はオークの無垢材です。
    厚みよりもしっかりしています。

    下の扉の中にも棚板がついています。

    下の扉については、真鍮の引手と半透かし彫りの飾りもとても良い感じです。

    こちらのブックケース、

    定価は¥423,500-ですが、キャンペーン期間中は10%OFFですので、

    11/10までは、¥381,150-でお求めいただけます。

    つづいてはこちら、

    商品番号:807-G-0106
    サイズ:W:890 /D:280 /H:1,940
    材質:オーク材
    年代:1930年代

    先程のブックケースに比べるとやや「スッ」としています。

    こちらのブックケースで目を引くのは、やはり扉のリードグラスです。

    これが全体をスマートに印象付けています。

    トップの部分の八の字模様は「アーケーディング」と呼ばれています。

    永続性を表しているといわれる、非常に象徴的な文様です。

    棚板の位置は調整可能、材質はオークの無垢材です、

    こちらもしっかりとした厚みがあり、本を収納してもたわみません。

    下の扉の中には棚板はありませんが、別途加工で設置可能です。

    背板もベニヤ板ではなく、無垢の板材を組み合わせているのもポイント。

    こちらもキャンペーン期間中はお得になっており、

    定価¥341,000のところ、
    11/10までは10%OFFの¥306,900にてお求めいただけます。


    本棚としてはもちろんのこと、
    食器棚としても使えるブックケースです。

    すぐに使用できるように修復済みですので、
    本の収納や食器の収納をお探しの方、ぜひご検討ください。

    この記事を読む

  • 2019/10/22スタッフの日常

    5%還元!

    10月22日 岡田明美

    10月からスタートしている「消費増税」
    一緒にスタートした「消費者還元事業」ですが、ジェオグラフィカは対象店舗として登録しております。

    キャッシュレスでお支払いのお客様には5%の還元がございます。
    2階にございますレストラン『イル・レヴァンテ』も対象です。

    またジェオグラフィカのネットショップ「E-SHOP GEOGRAPHICA」も
    クレジットカードでのお支払いに対応しております。

    (一部対象外の場合もございますのでご不明点はお尋ねください)

    ジェオグラフィカでのお支払いはキャッシュレスで、お得にお買い物いただけます!

    この記事を読む

  • 2019/10/21スタッフの日常

    あそびのじかん

    10月21日 中野美穂

    東京都現代美術館で開催されていた展覧会『あそびのじかん』に行ってきました。
    夏休み期間はご家族連れで大賑わいだったようなので、混雑期を避け、期間ぎりぎりにようやく観覧です。

    一昔前は美術館といえば声を潜めてお行儀良く観て回るものという固定観念がありましたが、最近は触れたり作ったりしながら参加できる体験型の展覧会も一般的になってきました。
    特に子供たちが日常的にアートに触れる事ができる環境というのは良いものですね。

    今回の展覧会はその名の通り「あそび」をテーマとしたもので、やはり会場内はお子さま連れの方が多かったですが、大人でもしっかり楽しめる内容でした。
    言葉を軸にしたインスタレーションに考え込み、大迷路ではウロウロ彷徨い、絶対に無理だ!と思いつつボタン投げゲームに挑戦し…。
    作品数は多くはないのですが、普通の展覧会よりも長く居てしまったような気がします。

    こうした参加型展覧会はこれからどんどん増えていくかと思うので、またチャンスがあれば挑んでみたいと思います。

    この記事を読む

  • 2019/10/20スタッフの日常

    アーツアンドクラフトのアームチェアー

    10月19日 須田涼子

    とっても美しくて愛らしい、
    アーツ&クラフトのアームチェアーが入荷しました。

    手仕事の美しさが光る透かし彫刻が見事。
    ハートやダイヤの模様が組み込まれ、洗練されたデザインと可愛らしさのバランスが◎。

    背と座面は艶のあるイエローオーカーのビロードを用い上品に仕上げました。
    脚部やストレッチャーの意匠は素朴さも感じられる造りで、
    繊細な美しさの中に暖かさも感じられる秀逸なアームチェアーです。

    この記事を読む

  • 2019/10/19スタッフの日常

    アンティークのカップ

    10月19日 重本景子

    急に寒くなってきたので、
    上着を出したり、薄手の毛布を出したりとせわしなくなりました。

    ジェオグラフィカの店頭にはアンティークの素敵なカップ&ソーサーがたくさんあります。
    お気に入りのカップで温かい紅茶を飲んだらさぞ美味しくなるだろうと思います。
    たくさん種類がございますので、ぜひゆっくりとお気に入りを探してみてくださいね!

    写真手前のカップは1880年代のドレスデンです!
    可憐なお花がたくさん描かれていて華やかです。

    この記事を読む

  • 2019/10/18スタッフの日常

    マホガニーのライティングデスク

    10月18日 萩谷優

    ただいまジェオグラフィカでは、

    「Library Furniture」と題してデスクやブックケースなど書斎用の家具をおすすめしておりますが、

    現在店頭にある商品のなかでもひときわその威容を誇っているのがこちらのデスクです。

    幅が1メートル52センチ、

    奥行きは91センチ、

    そして天板までの高さが74センチです。

    写真ではそこまで大きく見えないかもしれませんが、かなり大きいです。

    大きいということは、ワークスペースがたっぷりあるということ、

    これだけ大きかったら、

    両サイドに参考書類を積んで、

    大きめのデスクトップモニターを置いてもまだ、ノートPCで作業ができそうです。

    デスクトップのレザーは、英国製の本革で張替え済みです。

    マホガニーの赤みを帯びた木の色にはグリーン系がばっちり似合います。

    椅子にかけるとほのかに感じるレザーの香りが、なんとも言えずいい感じです。

    短い足にも愛嬌があって可愛らしい。

    ジェオグラフィカの3Fにありますので、よろしかったら見に来てくださいね。

    この記事を読む

  • 2019/10/17スタッフの日常

    忘れていた「食い倒れ編」

    10月17日 岡田明美

    既に一ヶ月経ってしまい、今更ですが。
    一応予告したので夏休み九州温泉旅・プチ食い倒れ編です。

    食べたものは全て画像に残ってます!
    しかしながら今回の旅で一番インパクトがあった『朝ごはん』を。

    最終日に泊まった和風オーベルジュ。
    とんでもない山の上にありました・・・
    夕食も美味しかったのですが
    翌朝目覚め、レストランへ行くと!
    『阿蘇牛バーガー』が待ち構えておりました!!
    朝から??こってり過ぎやん。

    ちょっと涙目になりながら食べたよ。
    飲むヨーグルトと牛乳は濃くて美味しかった!
    3人ともお腹さすりながら車に乗り込んだよね、ケフ。

    おまけ。

    熊本といえば「くまもん」
    オーベルジュの囲炉裏端でニッコリお出迎えいただきました〜〜

    この記事を読む

  • 2019/10/15スタッフの日常

    魂の作品

    10月15日 中野美穂

    この秋話題の展覧会、『塩田千春展:魂がふるえる』に行ってきました。
    インスタでも人気との事で、平日にも関わらず大盛況。特に若い女性と外国人の方が多いのが印象的でした。

    もちろん「見栄えの良さ」だけではない、その表題の通り、魂に訴えかける力強さのある展覧会でした。
    緻密に張り巡らされた糸は血液や神経といった人の生命の根幹にあるものを連想させ、直接的な不気味さの奥に切実な希望や優しさを感じます。
    幼少期のショッキングな体験や近年の闘病生活など、それまでの人生で得た一つ一つの経験を、それこそ糸を縫い付けるように自分の表現へと昇華させてきた方なのだと圧倒されました。

    よく分からないと言われがちな現代アートですが、展覧会好きとしてはこういった作品展が賑わう様子を見ると嬉しい気持ちになります。

    この記事を読む

  • 2019/10/14スタッフの日常

    温泉

    10月14日 須田涼子

    先日はランチビュッフェと温泉を楽しむために小田原へ行きました。

    秋の味覚がたくさんのランチビュッフェは
    種類が豊富でどれも美味しく、夢中で頂いたので写真を撮るのを忘れるという失態・・・。
    温泉は温度がとっても良くて、
    入ったり休んだり、みんなでお喋りしつつ、
    じっくりゆったり癒されました。

    この記事を読む

  • 2019/10/13スタッフの日常

    アマデウス

    10月13日 重本景子

    久々にDVDで"アマデウス"を見ました。
    1984年の映画で、モーツアルトの物語です。
    サリエリ目線の興味深い内容になっています。
    久々というよりも、小学生の時にレンタルかテレビだったかで観た以来なので
    音楽が聞こえてくると、とてもとても懐かしい感じがしました。

    改めて見ると、美術や衣装の美しさは素晴らしいです。
    ストーリーと俳優さんの演技、高笑いは今でもよく覚えていたほど、
    印象に残っていました。
    ピアノ協奏曲第20番はとっても好きな曲ですが、
    聞くたびにこの映画のエンディングを思い出します。
    200年以上経っても色褪せない名曲は本当にすごいなと思います。

    この記事を読む

  • 2019/10/11スタッフの日常

    スモーカーズキャビネット

    10月11日 萩谷優

    今週の新入荷の目玉はこのスモーカーズキャビネットです。

    とにかく、かっこいい。

    スモーカーのためのキャビネットです。贅沢ですよね。

    このように扉が開きます。

    そして、、

    キャビネット部分が外れます。

    そうです、キャビネット・オン・スタンドなのです。

    スモーカーのためのグッズもついています。

    とにかく、非常に良い。

    これはお買い得ではないでしょうか。かなりレアです。

    この記事を読む

  • 2019/10/10スタッフの日常

    お気に入りのBookStore

    10月10日 岡田明美

    台湾にある有名なBookStore『誠品生活書店』が日本初上陸!
    という事で、行ってきました。

    こちらは台北店のイメージ画像です。

    オープンしたばかりなので、平日とは言え中々の人混みでした!

    台湾料理レストランや行列のタピオカミルクティーも気にはなりましたが
    一先ずは全体を見て、満足。

    台湾には台北を始め、大型店舗が多数あり本屋というか
    『衣・食・住・本』という感じで1日居ても飽きないプチデパートみたいな感じで
    お買い物(お土産など)もほぼ事足りるBookStore(一応)です。

    東京店も雰囲気は近く、ミニマムな感じは踏襲しています。
    少し空いてからまたゆっくりと「本探し」に行きたいと思います。

    この記事を読む

  • 2019/10/09スタッフの日常

    ライブラリーの魔力

    10月9日 中野美穂

    ライブラリーという空間には特別な魔力があるように感じます。
    子供の頃、図書室が好きだったというせいもありますが、知識や物語が綴られた本も、それらが詰め込まれた書棚や紙と文具が広げられた机も、
    誰かの秘密の世界が詰め込まれているような、ワクワクするような魅力があります。

    現在開催中のジェオグラフィカ・秋のフェアーは「Library Furniture」。
    店頭では古書やステーショナリーなどのアンティーク小物を使ったディスプレイも行なっており、とても良い雰囲気です!
    ビューロー、ブックケース、デスク、マガジンラックなどのライブラリー家具が10%OFFとお得になりますので、秋の夜長に向けた書斎作りにぜひご活用ください!

    この記事を読む

  • 2019/10/08スタッフの日常

    Library Furniture

    10月8日 須田涼子

    秋色が深まり、芸術、音楽、食が楽しい季節ですね。
    ジェオグラフィカのAutumn Specialは読書の秋にちなみ、
    ブックケースやデスク、マガジンラックなどの
    Library Furniture=書斎家具 を集めました。


    オススメはこちらのビューローブックケース。


    ライティングビューローとブックケースが一体となった優れもののアンティーク家具です。

    ブックケースの扉はアンティークならではのリーディッドガラス、
    オークの質感と鉛の装飾がよくマッチしていてとても良い雰囲気です。


    幾何学的な装飾が特徴のアプライドモールディングやバーリーシュガーツイストなど、
    アンティークならではのデザインが取り入れられ、重すぎず軽すぎず程よい重厚感。

    何より全体のバランスが秀逸。
    書斎はもちろん、リビングなどで食器やコレクションを飾ってお使い頂くのもオススメです。

    美しいシルエットの正統派アンティークです。

    この記事を読む

  • 2019/10/07スタッフの日常

    天文学

    10月7日 重本景子

    先日、天文学のお話を聞きに行きました。
    たまに興味がある内容の時に行くのですが、今回の教授のお話は3回目。
    とても分かりやすくお話をしてくださり、
    ユーモアもあってさすがだな〜と思います。

    他にもたくさんの専門家のお話を聞き、もはや学校の授業の様な。
    長時間だったので、途中で飽きるかもと思いきや
    思った以上に好きな分野のことは飽きないもので
    もっと聞いていられる感じでした。

    今回は彗星のお話がお気に入り。
    もう少し詳しく知りたい思いました!

    この記事を読む

  • 2019/10/06スタッフの日常

    アンティークな書斎

    10月6日 萩谷優

    実は、イギリスのアンティーク家具には書斎的な家具が充実しています。

    ブックケース、デスクは言うに及ばず、

    ビューローという機能的で見た目にも楽しいアイテムもあります。

    現代とは比べ物にならないほど、全てが「紙」だった頃の家具ですので、

    作りも、デザインも、やはり存在感がありますね。

    眺めていると気持ちが豊かになるようです。

    今月から来月にかけてはそんな書斎の家具「ライブラリーファニチャー」がおすすめです。

    おすすめ商品は10%OFFでお買い得ですので、ぜひオンラインショップや店頭にお越しください。

    ジェオグラフィカオンラインショップ

    この記事を読む

  • 2019/10/05スタッフの日常

    AUTUMN FAIR 始まりました!

    10月5日 岡田明美

    10月に入りました!
    本日よりAUTUMN FAIRが始まります。
    タイトルは『Library Furniture』書斎に繋がる家具を店頭に集めました。

    小さなシェルフからどーーんと大きなデスクまで。
    バリエーションも多彩に入荷いたします。

    秋の一日、ぜひ店頭にてご覧ください。
    (E-SHOPでもご覧いただけます)

    この記事を読む

  • 2019/10/04スタッフの日常

    不思議な美術館

    10月4日 中野美穂

    国立新美術館へと行ってきました。
    ミュシャ展やウィーン・モダン展など、長い列ができるような人気の展覧会も多い大きな美術館ですが、中・小規模の少し“コア”な企画展もよく開催されています。

    実は国立新美術館は、コレクションを持たない、ちょっと特殊な美術館だそうです。
    独自に作品を保管しない代わりに広いスペースを企画展・公募展に費やしているので、その内容も多種多様。
    情報収集やセミナーの開催も盛んで、アート関係のコミュニケーションスペースとしても賑わっているようです。

    さて、先日は現在開催中の文学をテーマとした現代美術の企画展を観てきました。
    6人の作家さんの作品が一つの展示室を丸ごと使って展示されていて、それぞれのバックグラウンドや考え方がコンパクトにしっかりと伝わってくる、とても楽しみやすい展覧会でした。

    大勢の人が集まるものはやはり面白いですが、時にはあまりよく知らない作品を一つ一つじっくりと時間をかけて鑑賞する事も大事だなと思います。

    この記事を読む

  • 2019/10/03スタッフの日常

    映画の秋

    10月3日 須田涼子

    10月になりました!
    私は時間があると映画を観ていて、
    先日は阿佐ヶ谷の小さな映画館で(まだ)上映していたグリーンブックを。
    映画館での鑑賞を諦めていたので上映していてラッキー。
    音楽が話のキーとなる映画は、やっぱり映画館で観るのが良いですね。

    10月になったとはいえまだちょっと暑く、
    秋は何処へ・・・といった雰囲気ですが、
    気持ちの良い日も多いので、たくさんお出かけしたいと思います!!

    この記事を読む

  • 2019/10/01スタッフの日常

    デザートのカルツォーネ

    10月1日 重本景子

    今日から10月ですね。
    食べ物が美味しい季節です。
    先日、デザートタイプのカルツォーネを食べました。
    折りたたんだピザの様なもので、
    カルツォーネはイタリア語でストッキングやズボンの意味があるそうです。

    今回はデザートなので三日月型の中にはトロッと溶ろけたチョコレートと色々なベリー、
    マスカルポーネが入っていて甘酸っぱくてとても美味しかったです。

    涼しくなってきたので、チョコレートが一層美味しいです。
    お出かけの時の休憩タイムは至福です。

    この記事を読む

  • 2019/09/30スタッフの日常

    ステップチェアー

    9月30日 萩谷優

    先日新入荷のこちらのチェアーはなんと脚立になります。

    いかがでしょうか?すごいですね。

    最後に留め金をかけるのをお忘れなく。

    木の質感がよく、ホッとするような佇まいのチェアーです。
    これからの季節にはぴったりではないでしょうか。

    この記事を読む

  • 2019/09/29スタッフの日常

    フラッグ

    9月29日 岡田明美

    ジェオグラフィカ、ファサードのフラッグがおNEW!になりました。

    シンプルに、ちょっとシックに。

    そう、今年はジェオグラフィカが目黒にオープンしてから15年!
    残りも3ヶ月となりましたが、まだまだ冬に向けてのフェアーなど
    盛りだくさんに企画中です。

    秋の青空に映えてます!!

    フラッグ目印に、ご来店お待ちしております。

    この記事を読む

  • 2019/09/28スタッフの日常

    入門・二眼レフ

    9月28日 中野美穂

    本屋さんをぶらぶらしていた時に一冊の本が目に飛び込んできました。
    ズバリ、大人の科学シリーズの二眼レフカメラキットです!
    何年も前に発売され入手困難になっていたものがどうやら復刊したようです。

    二眼レフに興味はあったものの本物にはなかなか手が出せず、こちらならと思っていたのですがそれも叶わず。
    3度目の正直とばかりに、思わず衝動買いしてしまいました。

    ドライバーも付属されているので、開けた瞬間に作業が開始できます。
    専門用語はわからないのですが、説明書には細かく図で説明されているので意外に簡単です。

    一つ一つ確かめながら組み立てます。
    ネジがかなり小さいので、転がらないように気をつけて…

    完成です!

    一時間くらいでスムーズに出来ました。
    フィルムは付属されていないので、まずは35mmフィルムを買いに行くところから。
    デジカメと違って簡単に削除出来ないので、一枚一枚大事に撮りたいと思います。

    この記事を読む

  • 2019/09/27スタッフの日常

    ハンバーガー

    9月27日 須田涼子

    食欲の秋ですね!!
    代官山駅すぐ近くのSASAバーガー、
    美味しいハンバーガー屋さんで、しかもゆったりとした店内なので、
    大好きなのでよく行きます。

    先日も映画の後にハンバーガーをバクリ。
    良い映画の後に美味しいハンバーガー、至福の休日でした。

    この記事を読む

  • 2019/09/26スタッフの日常

    ライオン

    9月26日 重本景子

    先日、映画ライオンキングを観ました。
    超実写版とある通り、本物の様な動物たちに魅入ってしまいました。

    私はネコ科の動物が大好きなので、ライオンも好き。
    たまに猫と被るような体のラインや動きがあると
    ただただ可愛いと思って見てしまいました。

    ライオンキングはずっと昔に観た劇団四季以来でしたが、
    予想通り同じようなところで感動。
    今度のディズニーは、マレフィセントがあるそうです。
    次々に来ますね。
    また観に行かないとと思っています。

    この記事を読む

  • 2019/09/25スタッフの日常

    ランドリーボックス

    9月25日 萩谷優

    このランドリーボックス、最近の新入荷のなかでのお気に入りです。

    この、妙に風格のある深い青色がいい。

    何に使うのか?

    自分で使うとしたら、じゃがいもや玉ねぎでもしまっておきます。

    非常に良いです。

    この記事を読む

  • 2019/09/24スタッフの日常

    温泉ハイライト!

    9月24日 岡田明美

    夏休みを頂いて、九州へ。

    今回のルートは福岡〜大分〜熊本〜福岡
    メインは大分と熊本の温泉。

    宿泊した宿の湯、立ち寄り湯、道の駅の足湯・・・
    温泉三昧してきました〜〜

    標高1,000M位の山の奥深くの温泉。
    さらに宿の屋上的な場所の露天風呂は
    『天空の湯』という名に相応しい開放感!
    貸切りなので写真もパチリ。

    日没間近の時間も綺麗でした!

    でもベストタイムは夜中。
    満点の星空と月の下で入る露天風呂は極楽そのものでした。

    次回、「くいだおれ編」へ続く。(予定)

    この記事を読む

  • 2019/09/23スタッフの日常

    狸だらけ

    9月23日 中野美穂

    先日群馬に展覧会を観に行った帰り、せっかくだからもう一箇所と、途中下車してとあるお寺さんへと行ってきました。

    あまり乗降のないレトロな佇まいの駅から道なりに進むと、木々の茂る一角が。

    なんとお寺の正面、本堂に続く道の両端にずらっと並んでいるのは全て狸の置物です!

    茂林寺という『分福茶釜』の舞台として知られるお寺で、参道の置物はもちろん、境内には掛け軸や剥製、狸にまつわる本などたくさんの狸グッズが展示してありました。
    伝説の「分福茶釜」も所蔵されているとの事で、中までしっかりと見学。
    なるほどこれが狸が化けているお釜か、、、などと考えながら見るとやっぱり楽しい気分になりますね。

    平日だったこともあり、参拝の方もちらほらという感じで、ゆったり長閑なお寺散策となりました。

    この記事を読む

  • 2019/09/22スタッフの日常

    古き良き

    9月22日 須田涼子

    『Once upon a time in Hollywood』を観ました。

    往年の映画ファンには堪らないであろう小ネタが散りばめられた本作、
    途中、ちょっと付いていけないところがありつつも、
    情緒不安定なディカプリオは超可愛い&面白く、
    いい人ですね、なブラピは格好良く、
    もちろんタランティーノ映画には欠かせないちょっと滑稽な血みどろシーンもあり、
    タランティーノの好きと思い出と願望が詰まった、
    ノスタルジックで優しさを感じる作品でした。


    この記事を読む

ブログアーカイブ