GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2022/10/25スタッフの日常

    古本屋さん

    10月25日 大曲 美生

    現在ジェオグラフィカで開催中のイベント「GEOGRAPHICA ✕ 北澤書店 -暮らし彩る本棚-」。
    洋古書とアンティーク家具との相性が抜群すぎて、日々お店に立ちながらときめいています。

    北澤書店さんは、本の街神保町で1902年からお店を構えていらっしゃる老舗です。
    先日、イベントのご挨拶と打ち合わせのためお伺いしました。

    ずらりと並んだ洋古書たちは圧巻!
    タイトルを見ただけでわかる有名な小説や、イラストや挿絵が多めのもの、背表紙がかわいいものなど、
    手に取りやすい本も予想以上に多く、何時間でも入り浸ってしまいそうです。
    難しそうな研究書のコーナーにも、
    真剣に選びにきている外国人のお客様が何人かいらっしゃいました。

    北澤書店さんをあとにして、
    ほかにも神保町の古本屋さん巡りをしてから帰ろうと、ふらりと歩き始めました。

    久しぶりの神保町で、これまでに入ったことのないお店にも新たに行ってみようと思っていたのですが、
    ここ知らないな、ごちゃごちゃしてておもしろそう、と軽い気持ちで手前の本棚を見てみたら、
    割とクセがありそうなタイトルが並んでいて結局入店する勇気が出なかったところも…笑
    それでも初めてのところも含め4、5店舗を見てまわり、
    気がつけば文庫本を計8冊、お買い上げ。
    古本屋さんの、店主がお店の奥で本の山のなかに静かに埋もれている感じ、
    とっても好きです。あんまり愛想がない感じも、好きです。
    そんな古書店街の雰囲気に乗せられて普段読まないようなちょっと難しそうな本も選んでしまいました。
    いつになったら読み終わることやらわかりません。

    10/28(金)〜11/3(木)には「神田古本まつり」が3年ぶりに開催されるとのこと。
    北澤書店さんももちろん参加されています。
    これを機に、今度こそ神保町の古本屋さん開拓を進めたいと思っています!
    それまでに積ん読を少しでも消化しなければ…

    この記事を読む

  • 2022/10/24スタッフの日常

    タッセルトリム

    10月24日 須田涼子

    日暮里繊維街へまたまた行ってきました。
    生地もブレードもタッセルトリムも、どれも素敵で時間を忘れて夢中で選び、
    今回はタッセル部分がボリューミーな良いタッセルトリムやブレードをたくさん入手しました。
    これから入荷する予定のランプシェードやクッションなどに使う予定です。

    どんな仕上がりになるか・・・ちょっと楽しみです。

    この記事を読む

  • 2022/10/23スタッフの日常

    素敵な洋古書に囲まれて

    10月23日 重本景子

    神田神保町の北澤書店さんとのコラボレーションで、
    ジェオグラフィカ店内はたくさんの素敵な洋古書で溢れています。
    アンティークのブックケース に洋古書をたくさん収納して囲まれる憧れの空間が実現。
    1冊1冊の美しさも素敵で、知っている作品を発見するとちょっとワクワクします。
    そして、重厚感のある装丁の本やカラフルな洋書が
    ある程度のボリュームになった時にまた存在感とインテリアとしての魅力も増します。
    さらにアンティークプリントもあるので、額装をしたりフォトフレームに入れたり
    装飾として楽しめるものもございます。

    海外の本屋さんに来た様な楽しいディスプレイ、期間限定なのでぜひご来店ください!

    この記事を読む

  • 2022/10/22スタッフの日常

    本日より

    10月22日 東海林 亮二

    本日より神田神保町の洋古書専門店「北沢書店」さんとの
    コラボレーション企画
    GEOGRAPHICA×北澤書店『暮らし彩る本棚』が始まります!

    今回のイベントでは、美しい装丁の洋書を愉しんで頂けるよう
    バリエーション豊かな書棚を中心に、ライティングデスク、
    マガジンラック等オススメのコーディネートを準備しております。

    新着の家具も多数ございますので、是非お立ち寄り下さいませ!
    ご来店お待ちしております。


    この記事を読む

  • 2022/10/21スタッフの日常

    明日から開催!『暮らし彩る本棚』

    10月21日 岡田明美

    ジェオグラフィカ 、秋の特集が明日から始まります。

    GEOGRAPHIXA×北澤書店「暮らし彩る本棚」

    ジェオグラフィカ お薦めの書斎家具と神田神保町の老舗洋古書店・北澤書店さんとの
    コラボレーション企画となります。

    古書をインテリアのディスプレーとして使ってみませんか?
    もちろん、すべて書籍としても読めるものばかりです。

    書籍だけに留まらず、ジェオグラフィカ でも人気のアンティークショップ
    『ティンズコレクション』さんからもライブラリー関連のアンティーク小物が
    たくさん入荷しております。

    秋の夜長、『本を飾って』楽しんでみませんか?

    ただいま絶賛準備中ですが、店内の様子をチラ見でご紹介いたします!

    この記事を読む

  • 2022/10/20スタッフの日常

    旅する喫茶

    10月20日 白水萌菜美

    先日友人と会った際に素敵な喫茶店に行ってきました。その名も『旅する喫茶』です。
    さまざまな空の色をイメージしたクリームソーダが人気のお店で、最近よく雑誌などにも掲載されている話題のお店です。
    私もSNSをきっかけに知りました。

    店内は全体にビンテージ調で、静かにジャズの流れる空間となっていました。
    照明もほどよい暗さで窓から入る自然光が居心地良いです。

    今回私が注文したのはお店の看板メニューになっているチキンカレーと夜空をイメージしたクリームソーダです。

    チキンカレーは15種類のスパイスが非常に効いていて、今まで食べたことのない辛さとはまた違う刺激的な味がしました!
    ご飯も雑穀なのでしょうか?幾つかの種類が合わさっていて、歯触りの違いなども楽しめます。
    普段辛いカレーは食べないのですがここのはぺろりでした!

    そしてお目当てのクリームソーダがこちらになります!

    青色から紫色に変化するグラデーションが幻想的ですね〜!
    友人の頼んだチーズケーキと並べると一層素敵です!
    他にも茜色から橙色になる夕焼け色のものや、期間限定で金木犀のフレーバーもありました。
    金木犀は香りもあるそうで、機会があれば頼んでみたいです。

    気のおけない友人と素敵な空間で綺麗なものを食べる…なんとも幸せなひと時を過ごしました!

    この記事を読む

  • 2022/10/18スタッフの日常

    舞台ハリー・ポッター

    10月18日 大曲 美生

    赤坂ACTシアターで上演中の、
    「舞台 ハリー・ポッターと呪いの子」を観てきました〜!!
    チケットを取ったのは5月のこと。
    ようやく、魔法の世界に飛び込むことができました。

    赤坂駅の周りはハリー・ポッターの世界観に作り込まれていて、
    劇場に入る前から小さなテーマパークのよう。
    地下鉄駅から地上に上がる階段には、
    今回のお話で重要な鍵となるタイムターナーの大きなオブジェが!

    専門のグッズショップもオープンしていて、
    店内にはあの9と3/4番線に行く瞬間を味わえるスポットも。

    舞台はというと、もう大満足です。
    ストーリーもしっかり練られていて、最後までどきどきの展開。
    ハリーやその同級生の子どもたちのハラハラする冒険、
    偉大な親のもとに生まれたがゆえの苦悩、
    また親になったハリーたちにとっての新たな試練、
    様々な要素が丁寧に描かれていました。
    大人になったハリー役の石丸幹二さん、今回歌がなかったのは残念でしたが、
    説得力のあるお芝居で、終始引き込まれました。
    あと美山加恋さん演じる嘆きのマートルも完璧です!映画から飛び出てきたかのようでした。
    そして魔法の仕掛けが本当に素晴らしく、
    どうなってるの??とびっくりする場面もたくさんありました。

    細部まで作り込まれた舞台、ダンブルドア先生の含蓄あるお言葉などなど、
    2回、3回と観るとまた新たな楽しみ方もできそうだなと思ったので、
    ロングランしてほしいなと願っています。

    上演前や幕間ではステージ撮影がOKでした!

    この記事を読む

  • 2022/10/17スタッフの日常

    〈予告〉GEOGRAPHICA × 北澤書店 暮らし彩る本棚

    10月17日 須田涼子

    10/22から始まるイベントは、老舗洋古書専門店「北澤書店」さんとのコラボレーション企画。

    老舗ならではの種類・分野が豊富な洋古書や、
    ”洋書をもっと身近に楽しんでもらいたい"という願いから誕生した空間装飾のひとつ="ディスプレイブック"の魅力を、
    Library=書斎 に適したブックケース 、ライティングデスク、ビューローなどの実用的でありながらも私的で趣味性の高い英国アンティーク家具と共にご紹介致します。

    私も神保町へ行く時には必ず伺う大好きな古本屋さん。
    装丁も美しいたくさんの洋古書が並ぶ姿は圧巻です。
    さらに、アンティークのポストカードやエクスリブリスなどもあって、いろいろと欲しくなってしまいます。

    【北澤書店HP】 【北澤書店Instagram】

    「書斎」というザ・アンティークな空間と、北澤書店さんの素敵な商品のコラボレーションをお楽しみ頂けましたら幸いです。

    予告ページはこちらから↓

    この記事を読む

  • 2022/10/16スタッフの日常

    モリスフェア最終日

    10月16日 重本景子

    本日、モリスフェア最終日です!
    WILLIAM MORRIS -True Secret of Happiness-モリスの幸福論をテーマにお届けしてまいりました。
    モリスの美しいファブリックを用いたアンティーク家具をお客様の元へお届けし、
    日々お使いいただいていると思うと嬉しいです。

    途中追加で新たに張り替えたチェアーやソファーが入荷したりと、1ヶ月はあっという間でした。
    まだ見応えのある家具がございますので、ぜひ最終日もお立ち寄りください。
    目黒付近にいらっしゃった方もぜひモリスの世界をご覧ください。

    この記事を読む

  • 2022/10/15スタッフの日常

    回転する椅子

    10月15日 東海林 亮二

    今回はこちらの背もたれ付きのピアノスツールのご紹介です。
    非常に珍しい商品です。
    小ぶりな佇まいですが存在感抜群。
    座面は中心のコラム(心棒)を軸として何と回転します。

    実用性もありながら飾り椅子としてもお部屋で重宝しそうなアイテムです!

    この記事を読む

  • 2022/10/14スタッフの日常

    ヘッドスパ

    10月14日 岡田明美

    頭痛&肩こり持ちなので、気休めと知りつつ「ヘッドスパ」なる所へは偶に出掛けます。
    予約が取れない事で有名なこちらのお店。
    数回利用すると紹介枠で予約が取れるそうで・・・
    友人が一緒に予約を取ってくれたのが約3ヶ月前。

    やっと予約日が訪れてワクワクしながら行って来ました。

    本店は京都みたいですが、もちろん行ったのは東京店です。




    約70分の施術はオールハンド。

    終わった後のきもちは?
    スッキリして、こんな感じでありました。

    次の予約も三ヶ月後です。

    この記事を読む

  • 2022/10/13スタッフの日常

    最近のお気に入り

    10月13日 白水萌菜美

    猫のおもちゃってかなり消耗品です。
    我が家には猫が2匹もいらっしゃるせいか特にスパンが短い気がします。
    朝出かけるまでは現役だったおもちゃが夜家に帰ると知らぬ間に壊れていて新しくなっている…
    なんてこともしばしばです。
    時には開封して遊び始めた途端に食いちぎられて再起不能なんてことも…

    そんな我が家のおもちゃ事情ですが、ここ数日前にやってきたおもちゃが猫達になかなかの
    人気な上に頑丈で期待のルーキーです。

    それがこちらのワニちゃんのぬいぐるみになります。

    なかなかに愛くるしい見た目をしていますね。
    体の一部にビニールが入っていて触るとカサカサと音が鳴ります。
    この、緑色と上のヒレでかろうじてワニと伝わるようなフランスパンフォルムが絶妙です。

    そんなワニちゃんに2匹は夢中で、
    よくけりぐるみとしてげしげしと蹴りつけています。

    近くで見るとかなりくたびれてきてはいますが
    今までのおもちゃと比べると人気、コスパ共にかなり高水準です。

    それに何より見た目が可愛いですからね!
    私宛としてプレゼントされても大喜びな気がします。
    一緒に暮らしてるヒトと動物は似ると言いますが、
    まさかこの辺りの趣味まで…?

    何はともあれワニちゃんの今後の奮闘に期待です!

    この記事を読む

  • 2022/10/12スタッフの日常

    値上げの秋

    10月12日 大曲 美生

    この10月も、いろいろなものが値上げ値上げと連日ニュースになっていますが…
    崎陽軒のシウマイ弁当も、気づいたら値上げされていました(泣)
    横浜生まれ横浜育ちの私にとってはソウルフードなのに…こんなところにも波は来ていました。

    最近食べてないな〜と思って最寄り駅の崎陽軒スタンドに行って、
    何も見ずに「シウマイ弁当ください」とお会計を待っていたら、
    「900円です」と。
    え、860円ではなく??!!
    860円でもちょっと高いなと思っていたのに…いつの間にやら900円に…

    とはいえ今さらやっぱりいいです、とは言えないし、
    もうシウマイ弁当な気持ちになってるし、
    少し悲しい気持ちで買いました。

    「横浜の人って毎日崎陽軒食べてるんでしょ?」とネタのように言われることがあります。
    実際は、毎日とは言いませんが、少なくとも我が家では本当にしょっちゅう食べています。
    もう一品おかずが欲しいときには単品のシウマイ、
    帰りが遅くなって夕飯を作る時間がないときにはシウマイ弁当。
    なんでもないときでも食べたいな、と思えば横浜市内の駅にはだいたい崎陽軒のスタンドがあるので、
    気軽に食べられます。
    (なので、世間では新幹線に乗るときの駅弁として認識されていることに違和感があります。)

    が、900円かあ…
    ちょっと考えてしまいますが、おそらく今後もひょいと買います。

    ちなみに崎陽軒の横浜工場は、ジェオグラフィカ港北ファクトリーのすぐ近く。
    無料で工場見学ができるそうなので、ぜひ行ってみたいなと思っています。

    この記事を読む

  • 2022/10/11アンティークのある暮らし

    -One-shot photo-#27 :-アシンメトリーのブックシェルフと寛ぎのセティ-

    アンティークのある暮らし -One-shot photo-より
    ジェオグラフィカで家具をお買い求め下さったお客様から
    とっても素敵なお写真をお送り頂きましたのでご紹介いたします!

    ミニコンポを置くための家具としてブックシェルフをご購入頂きました。
    小さな扉が配されていたり、印象的なデザインのブックシェルフがお部屋によくマッチしていて素敵です!
    ご用途が決まっていらっしゃる為、高さやサイズが重要との事でしたが、ぴったりなサイズが見つかりとても嬉しく思います♪
    隣のセティも当店でご購入下さったもの。細部まで丁寧な装飾が施された繊細で美しいひと品です。
    植物柄の地模様がドラマチックな赤いセティがお部屋の素敵なアクセントになっていますね♪
    猫さんもセティで寛がれるようで、そんな猫さんの様子に私たちスタッフも癒されました!

    この記事を読む

  • 2022/10/11スタッフの日常

    栗と栗かぼちゃ

    10月11日 須田涼子

    秋ですね。
    秋と言えば美味しいもので溢れる季節、当店最寄り駅の学芸大学駅近くにある「メゾン ロミ・ユニ」さんでは栗のタルトが出ていました。
    たまに見かけるタルトシリーズ、私はレモンタルトとこの栗のタルトが好物です。
    そして人気のスコーンもマロンスコーンなるものがあって、美味しく頂きました!

    先日伺った中目黒のパスタ屋さんの栗かぼちゃのスープは、
    荒潰しにされたかぼちゃの食感がとっても良くて、自然な甘さが楽しめ大満足。
    あと2、3杯は余裕で食べられるくらい美味しかったです。

    こちらのお店は当店2階のレストラン「イル・レヴァンテ」の元スタッフが腕をふるうお店です。
    お近くの方は是非。

    パスタ屋 チェヴィンチ

    つい最近は山梨に遊びに行った母からは巨峰とシャインマスカットをもらい、
    美味しいもので溢れる秋は幸せです。

    この記事を読む

  • 2022/10/10スタッフの日常

    秋冬の夜空

    10月10日 重本景子

    急に寒くなってしまって、気候の変化についていけないこの頃ですが
    冬になると夜空が透き通るような、星が綺麗に見えるように感じるのが嬉しいところです。

    10月は日が暮れると南の空に土星と木星が見えるそうで、どちらも大好きな惑星です。
    初めて望遠鏡で土星の輪を見たとき、
    木星の縞模様を見たとき、
    その感動がいまだに星空好きの理由のひとつです。

    スポーツの日の今日は満月です。綺麗に見えたらいいな〜と思います。
    10月の星空は国立天文台より。しっかり観察してみます。

    この記事を読む

  • 2022/10/09スタッフの日常

    衣替えの季節です

    10月9日 東海林 亮二

    ここ数日でめっきり涼しくなりました。
    そろそろ衣替えの季節です。

    今回は英国アンティークの収納家具の代名詞であるホールローブのご紹介です。
    アンティークの魅力が最大限に詰まった彫刻の優美さは言うまでもありませんが、
    何と言ってもこちらの最大の魅力の一つは使い勝手の良さ。

    中央扉を開けると背板にはフック、天板下にセンターポールが手の届きやすい
    所に付いており出し入れはスムーズ。下三枚の棚板は取り外しが可能です。


    ひときわ目を引く存在感

    この記事を読む

  • 2022/10/08スタッフの日常

    残り9日です。

    10月8日 岡田明美

    ウィリアム・モリス特集『モリスの幸福論』もいよいよ残り9日となりました。
    モリスファブリックを使用したチェアー、布シェードなどジェオグラフィカ が提案する
    『モリスワールド』が店内に繰り広げられております!
    本日からの3連休、ぜひ店頭にお運び頂ければ嬉しいです。

    さて、巷でも人気のウィリアム・モリスですがとうとう百均にも登場していますね。
    私も噂を聞いて自宅近くのお店へと行って来ました。

    ・・・出遅れたようです。
    人気のアイテムはどれも売り切れ・・・
    その中で手に入れたのはこちらの2つ。

    レターセット
    マステ素材のシール

    モリスです。
    なかなか素敵じゃありませんか!
    これが各¥110とは。。。

    発売〜即完売だったというマスキングテープ、欲しかったなぁ。

    いえいえ、マステはジェオグラフィカ でも絶賛販売中。
    会期終了まで残っていたらゲット!!! します。

    この記事を読む

  • 2022/10/07スタッフの日常

    ふわふわおばけちゃん

    10月7日 白水萌菜美

    先日の帰り、スーパーに寄ったところあるものを見つけてしまいました。
    こちらのおばけちゃんマシュマロです。

    可愛すぎます…!!!
    ハロウィンコーナーの一角にて小山積みされていたのを見てもう一目惚れです。
    個体によって目つきが険しかったり眠そうだったり、それぞれ個性があるのも
    また味わい深く、気づけば二匹ほどお持ち帰りしていました。
    私が選んだのはどちらも吊り目気味の白色おばけちゃんと桃色おばけちゃんです。

    家に帰って早速部屋の住人の仲間入りです。
    ですが私、ここで重大なことに気がつきました。
    このおばけちゃん、11月までしか賞味が持たないんです。
    あまりにも儚い…
    賞味期限の日まで目一杯愛でようと思います…!!
    中にはかぼちゃ餡子が入ってるそうなので、きっと
    美味しいのでしょうね…!(;_;)

    この記事を読む

  • 2022/10/06スタッフの日常

    オンライン接客サービスを始めました!

    10月6日 大曲 美生

    この度ジェオグラフィカでは、オンライン接客サービスをスタートいたしました!

    オンラインショップで気になる商品を見つけたり、
    一度店頭で見て気に入ったけれどそのときは購入を迷った商品があったり、
    実物を見たいけれどなかなか目黒の店舗へお越しいただくことが難しい、というお客様にも、
    ビデオ通話をとおして詳しくご案内ができるようになりました!

    アンティーク家具の修復技術については自信を持って、きれいな状態にしてあります!
    と言えるのですが、
    やはり家具を、しかもアンティークのものを実物を見ないで買うというのは不安が大きいかと思います。

    私自身、オンラインショッピングはよく利用しますが、
    アンティークの食器類や少し大きなものだとかなり慎重になります。
    お店に商品の詳細について問い合わせても、本当にほしい情報はすぐにはわからなかったり…
    ビデオ通話であれば、リアルタイムで、もうちょっと右の方を見せて、とか、
    傷っぽく見えるけれどあれは何?など、すぐにお答えができます。
    どんな小さな疑問、不安でも構いませんので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

    皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

    この記事を読む

  • 2022/10/04スタッフの日常

    夜の帳を愉しむ

    10月4日 須田涼子

    秋の夜長、夜の帳を愉しむのにお勧めのアンティークランプ。
    ランプシェードを通す柔らかな灯りは温かみがあって癒されます。

    モリスフェアーに合わせて入荷したランプシェードの中から、「マリーイザベル」のシェードと「ウィローボウ」のシェードをご紹介いたします。

    繊細なライン使いと豊かな質感が特徴の刺繍ステッチを、生成り色のリネン生地にプリントで表現したファブリック。
    バラやチューリップの花とアカンサスの葉が描かれた華やかな模様は落ち着いた色彩で構成され、印象的でありながらもお部屋に馴染みやすいデザインです。
    1890年代に、ジョン・ヘンリー・ダールによってデザインされたパーティションが基になっています。

    表情豊かで大ぶりなシェードを、六角形のベースがユニークなフロアスタンドと合わせました。

    小ぶりなテーブルランプは、デスクやテーブルの上、玄関周りやベッドサイドなど、気軽に取り入れられるのでお勧めです。

    ウィローボウ」は1887年に壁紙として制作されたデザイン。
    モリスお気に入りのテムズ川岸の柳は、1874年に「Willow」で既に登場していますが、同じ主題を新しい感覚で取り上げ、より軽やかで生き生きとしたデザインに高められています。

    灯りを点けると電球の色が透けてドラマチック。普遍的に愛されながらも決して飽きることの無い美しいデザインです。

    合わせたテーブルスタンドはオリジナルランプシリーズ「La Chronique」の真鍮製リプロダクション。使用しているパーツはヨーロッパ各地の工房で、古い鋳型から新たにおこされ、丁寧に手作業で組み上げられています。

    無垢の真鍮製のテーブルスタンドは、時が経つと共に燻したような風合いに変化致します。その変化と共にお楽しみください。

    この記事を読む

  • 2022/10/03スタッフの日常

    ゴールデンリリー

    10月3日 重本景子

    ウィリアム・モリスフェアー開催中のジェオグラフィカ。
    色々なアンティーク家具にモリスのファブリックを用いていますが、
    ヴィクトリアンのチェアー座面にゴールデンリリーを取り入れているものがあります。

    華やかで好きな柄の一つです。
    こちらのデザインは、モリスの一番弟子、ジョン・ヘンリー・ダールによるもの。
    誰もが間違えてしまうほど、モリスのスタイルや色使いに似ている人気のデザイン。
    さすが一番弟子ですね。

    先日訪れたお店のバーカウンターに、ゴールデンリリーの壁紙が使われていてとても素敵でした。
    部分的に取り入れたアクセントがおしゃれで、こんな風にしたい!と思いました。
    こんなところに!!と、不意に発見出来たのも嬉しかったです。

    この記事を読む

  • 2022/10/02スタッフの日常

    快晴納品日和

    10月2日 東海林 亮二

    10月に入りようやく気候も落ち着いて過ごし易くなってきた頃でしょうか。

    先日は久しぶりの遠方納品。
    晴天にも恵まれ心地よいドライブ〜といきたい所でしたが、
    やはりこの季節、みなさんお出掛けしたいですよね、
    私もそう思います。予想以上の車にビックリ!

    無事納品も終了した所、ホッとひと息のワンカット。

    この記事を読む

  • 2022/10/01スタッフの日常

    寿司三昧

    10月1日 岡田明美

    9月の前半に頂いた夏休みで函館へ行きました。
    津軽海峡を越え北海道に上陸したのは何十年ぶりでしょうか www
    取り敢えず旅に行ったら観光よりも食い倒れ。と決めております。
    前回の塩ラーメンに続いて、函館と言えば魚介類。
    有名な「朝市」も捨て難いですが、今回の目的はもう一つの住民の方が利用するという
    「自由市場」の中にある寿司店。
    カウンター5席でこちらも行列必須!!!

    席が空いたら携帯に連絡して頂けるというので市場内をうろうろしてたら見つけました!

    『活イカ・釣り堀』

    まだ呼ばれそうも無いのでここで活イカ釣って、イカの刺身を寿司の前菜にしようと目論みます。

    甘くてコリコリで美味し過ぎます!

    まったりと時間を潰していたら携帯に呼び出しが。
    さあ、本番へと行って参ります。

    画像は厳選の6品。

    大将と呼ばれている方が一人で黙々と握り、サービスして下さいます。
    途中、居なくなったと思ったら市場内にお客さんからの注文のネタを仕入れに
    行っていたみたいです。

    後から次々とお客さんが来るので、とにかく注文以外は連れとも喋らず、
    正に「黙食」の約30分。
    大満足でまた市電に乗って帰って来ました。

    ゆるく観光もしましたので、また次回にでも。

    この記事を読む

  • 2022/09/30スタッフの日常

    久しぶりの料理

    9月30日 白水萌菜美

    普段自炊をしない私ですが、先日家に一人の時
    どうしても家から出たくなくて渋々鍋を握りました。
    作ったのは薬味が豪華な素麺です!
    なんとネギ以外になめ茸とカクテキがのってます!!

    なんだ素麺かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが
    お湯の量を間違えシンクに素麺を三分の一くらい流したりと
    それは大変な作業だったんです…

    そんなこんなで出来上がったのがこちら!

    …と写真をあげようと思ったのですが
    当時の私は必死すぎて気づいたら食器を洗っていました。
    なので代わりに
    『ネギとなめ茸とカクテキののった素麺』
    というお題でAIの画像作成ソフトにそれっぽい写真を
    作ってもらいました!
    それがこちら

    微妙に麺が太かったりなめ茸の代わりにニンジン?が入っていますが
    まあ遠目で見たら大体合っているのではないでしょうか!

    それらしい画像が文字を入れてほんの数十秒で作成されるなんて
    便利な時代になりましたね〜!

    実際に作った素麺は美味しかったです!

    この記事を読む

  • 2022/09/29スタッフの日常

    シーズン到来

    9月29日 大曲 美生

    昨年もこのブログで同じことを書いたのですが、
    秋といえば、生すじこのシーズン到来でございます。
    値上げの波がここにもじわりと来ていますが、構わず今年もせっせとバラしてしょうゆ漬けにしています。

    写真は今季2度目のいくら。しょうゆに漬けられる前の状態です。
    すじこの状態から粒をバラして、熱湯をかけて皮を丁寧に取り除いたあと、
    水を切りつつ塩を全体にまぶすと、
    少し白く濁って見えていたいくらが、ぱあっと明るく美しいオレンジ色になるのです。
    まばゆい…!

    昨年、白だしを使った漬け汁の黄金比率を自分なりに編み出したので、
    今年も完璧に美味しくできあがりました。
    朝食に自家製いくらのっけご飯を食べる幸せ、
    まさに食欲の秋!
    今年の健康診断も終わったことだし、
    卵黄といくらを両方のっける禁断の「高コレステロール丼」も、一度はやっちゃおうかなと企んでいます。

    この記事を読む

  • 2022/09/28スタッフの日常

    東京の避暑地

    9月28日 須田涼子

    少し前になりますが、遅めの夏休みをいただきました。
    遠出を計画していたものの色々と考えて断念し、ちょっとした非日常を味わうべく椿山荘へ。

    森のような庭園内のホテルは癒しの場。
    クラシカルな客室の設えも素敵で、思いっきり体を休めてリフレッシュできました。

    近くに庭園や関口芭蕉庵、永青文庫、鳩山会館などもあるので、色々と楽しめます。
    もちろん、雲海も楽しみました!
    夜の雲海は初めてだったのですが、面白かったです。

    ホテルスタッフの方々もとっても優しく丁寧で、また機会があればぜひ伺いたいです。

    この記事を読む

  • 2022/09/27スタッフの日常

    実りの秋

    9月27日 重本景子

    美味しいものがたくさんの秋が到来です。
    久しぶりにドーナツを買いました。
    お芋シリーズが登場していて、
    ブリュレやスイートポテト風など充実の新作アイデアに驚きました。
    期間限定もののこだわりはどのお店も素晴らしく、目移りしますね。
    体感よりちょっと早く出てくる季節もの。
    このようなものを目にして、季節の到来にハッとさせられます。
    栗、芋、ブドウや梨、キノコ等
    毎年あっという間の秋に、美味しいものをたくさん楽しみたいと思います。

    この記事を読む

  • 2022/09/26スタッフの日常

    新入荷商品より

    9月26日 東海林 亮二

    今週も良い家具が多数入荷しました。

    その中でのおすすめはこちらのビューローです。

    何と言っても木の表情が良いですね。

    広々としたライティングスペース、インテリアも充実しています!

    この記事を読む

  • 2022/09/25スタッフの日常

    塩 VS 醤油

    9月25日 岡田明美

    拉麺は好きですがそれ程頻繁に食べることはありません。

    ただ、最近(というか今までの中で)最高に美味しい塩ラーメンに出会ったので
    ここにご紹介しておきます!!!

    暫く前に旅行した函館で出会ったラーメン。
    ガイドブックやらYoutubeやらでお薦めされていましたので行ってみました。
    ・・・オープン時間に到着したのに『めっちゃ並んでる〜〜』
    とても小さな町中華屋さんなので仕方ないです。
    並ぶ事約30分。

    ナニ?この澄んだスープ!!
    スープは元よりメンマもチャーシューも手作りで(量も少なめ、適量)。
    ほぼ飲み干してしまいました!!

    その後地元でたまーに行く町中華屋さんの醤油ラーメンも食べる機会があり、
    久しぶりでしたがこちらも見た目程濃くないスープで安定の美味しさ。

    どちらも¥500(!!!)
    安くて美味しいのですがどちらか選ぶなら?
    ハイ、塩ですね。
    だけど、函館。
    再訪したい気持ちはあれど往復運賃を入れて・・・
    なんて高いラーメン。。。

    この記事を読む

ブログアーカイブ