GEOGRAPHICA

記事一覧(全て)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2019/08/14スタッフの日常

    西湖

    8月14日 重本景子

    スタッフの休憩室に、頂いたお菓子”西湖”があります。
    和久傳さんの蓮粉と和三盆で出来たツルンと食べられる夏らしいお菓子。
    笹の香りが上品で清涼感もあります。
    と〜っても美味しくて、大好きです。

    こちらの西湖を食べる時に思い浮かぶのは、中国杭州の西湖。
    以前その湖を訪れた時に、
    あまりにも広大で、素晴らしく美しい景色に感激したのでした。
    薄いピンクの蓮の花もたくさん咲いていて、
    柳の木がサラサラと揺れていたのは風情があり印象的でした。
    その時出会った親切な現地の人たちや、中国のティータイムなど懐かしさが溢れます。

    ツルンと食べながら思い出す風景。
    より一層美味しくなる気がします。

    この記事を読む

  • 2019/08/13スタッフの日常

    カクテルキャビネット

    8月13日 萩谷優

    今週は、カクテルキャビネットが2つ入荷しました。

    足にキャスターがついていて、コロコロ移動できるタイプです。


    まずこちら、天板を開くと中からトレイがせり上がってきます。

    このトレイは外して使えます。

    真鍮金具の感じもとても良い。

    足回りもとてもきれいです。

    続いてこちら、引き出し付きのもの。

    天板を開かないと、引き出しは出せません。

    引き出しには仕切りがついています。

    鍵がかかります。

    鍵がかかると引き出しも開かない仕組みです。

    この手のカクテルキャビネットは数が少ないので、ご興味お持ち頂けたら、ぜひ。
    オンラインショップへのリンクを置いておきますので。

    この記事を読む

  • 2019/08/12スタッフの日常

    台風上陸

    8月12日 岡田明美

    お盆の季節に台風は付き物。

    我が家にも「台風」が上陸です!
    名付けて『姪ちゃんタイフーン』
    1年に1回、大体この季節にやってまいります。

    彼女が大好きなアーティストのアリーナツアーが始まると
    仕事を調整して全国を周るそうです・・・
    我が家は横浜アリーナから30分と程々に近いので、ターゲットにされております。

    まぁ大人なので、放っておけばいいのですが・・・
    やはり叔母バカ発動で、ご飯(買ってくるだけ〜〜)やらお布団やら・・・

    今回は3泊して、本日自宅へご帰還されました。

    今週の休みは洗濯叔母さんだわ〜〜(涙)

    この記事を読む

  • 2019/08/11スタッフの日常

    漱石の居た場所

    8月11日 中野美穂

    行こうと思っていた展覧会が休館日で観れなかった先日、せっかく家から出てきたのに帰りたくない!と慌てて良い場所がないかと探した先が「漱石山房記念館」です。

    早稲田駅周辺は行ったことがなかったのですが、繁華街ながらもちょっと道に入ると下町の住宅街という趣で、ブラブラと散歩するのが楽しい場所ですね。
    記念館までの道には猫のデザインの看板や道路標識があり、なんとも可愛らしい雰囲気!


    記念館自体はあまり大きな施設ではなかったのですが、漱石が晩年を過ごした部屋の再現や親交の深かった著名人の紹介など、見所満載でとても中身の濃い空間でした。
    図書や休憩スペースも充実していたので、もし近くに住んでいたら入り浸ってしまいそうです。

    急な予定変更で足を運んだ場所でしたが、とてもゆったりとした良い時間が過ごせました。

    この記事を読む

  • 2019/08/10スタッフの日常

    メロメロ

    8月10日 須田涼子

    先日、友人の赤ちゃんに会いました。
    最後に会ってから1ヶ月ほどしか経っていないのに、
    もうハイハイができるようになって、表情も前より豊かなになっていて、
    成長の早さにびっくり。
    一つ一つの仕草が本当に可愛く、尊く、大人たちはメロメロです。

    友人&赤ちゃんは暑い日で大変だったと思いますが、
    会うことができてとても幸せな気持ちになりました。

    この記事を読む

  • 2019/08/09スタッフの日常

    パイナップル

    8月9日 重本景子

    近くを通りがかる度、気になっていたスイーツをようやく購入出来ました。
    パイナップルのデザートで、トロピカルな果物とゼリーやパンナコッタ?のようなものに
    クリームの夏らしいトッピング。
    パイナップルの器も良い感じ。
    食欲が減退する暑さですが、問題なく別腹です。
    夏は夏らしい果物が、やっぱり美味しいですね。

    この記事を読む

  • 2019/08/08スタッフの日常

    マホガニーのペデスタルカップボード

    8月8日 萩谷優

    先日の入荷で、特にいいなと思ったものをご紹介します。
    こちらのペデスタルカップボード、マホガニー材です。

    「いいな」と思うことに理屈はないと思います。

    が、あえて言葉にするならば

    ・色
    ・質感
    ・大きさ

    でしょうか。

    色は、マホガニーの家具としてはやや明るめです。
    好みがあるかとは思いますが、個人的に明るめのマホガニー色が好きです。

    そして質感が良いです。
    どのように良いかというと、きめ細やかです。
    天板は塗り替えているのできれいなのは当たり前として、
    注目していただきたいのは脚の部分です。

    大きさは小振りでどこでも使えそうです。

    オンラインショップの商品ページへのリンクを貼っておきますので、
    もしご興味のある方はご覧になってください。

    902-K-0061 ペディスタルカップボード

    この記事を読む

  • 2019/08/06スタッフの日常

    百段階段 その弐

    8月6日 岡田明美

    先月ブログにも書いた、目黒雅叙園の百段階段。
    季節ごとに企画展を開催しているので続けて観てきました。

    今回は、

    『和のあかり×百段階段2019』

    部屋ごとに作品の趣が違い、楽しめました。

    今回、一番刺さったのは「長崎ランタンフェスティバル」を再現したお部屋。
    極彩色と迫力のディスプレーでした!

    久しぶりに会う友人とまったりとランチしつつの休日。

    都心のホテルとは思えない、滝まであります。
    (滝の裏側まで遊歩道になっているのです!)
    35度を超えた真夏日でしたが、滝をみて涼を感じてきました。

    この記事を読む

  • 2019/08/05スタッフの日常

    展覧会の行き方

    8月5日 中野美穂


    ブログがその話ばかりなので丸わかりかと思われますが、展覧会が好きでよく行きます。
    だいたい数ヶ月単位で行きたいものをチェックして、休みの2~3日前から当日の気分次第でふらっと行く場所を決めるのですが、先日ついにやってしまいました。

    この日行きたかったのは目黒の庭園美術館。
    1930年代の室内装飾を取り上げた内容で、ジェオグラフィカの商品とも重なる部分がありますね。

    道すがらの案内フラッグを見上げながら、同じように旗を見ている人を見つけて「この人もこれから行くのかな〜」などとのんきに考えていたのですが…

    入り口に回ると、なんと立て看板に休館日の文字が!
    一瞬ぽかんとしてしまったものの、慌てて開催概要を確認すると確かにその曜日は休館とありました…。
    チェックしたつもりだったのですが、完全に意識から抜けていたようです。
    警備員さんの視線に「ちょっと看板を見に来ただけなんですよ」というふりをして素知らぬ顔で引き返しましたが、炎天下の帰り道は行きの倍くらい長く感じました。

    展覧会に関しては気になったものには割とひょいひょい行ってしまいますが、事前準備はやはり大事だと反省です。

    この記事を読む

  • 2019/08/04スタッフの日常

    一日一本

    8月4日 須田涼子

    ネットで映画が観られ便利そうだなぁと思う反面、
    個人的にはラックの端からタイトルやジャケットの裏面をじっくり見て選ぶのが好きなので、
    今だにレンタルビデオ屋に借りに行きます。

    特に暑い夏の日は、部屋を暗くして借りてきた映画を何本かまとめて見るのが至福だったり。
    学生時代からやることは変わらないなぁと自分の成長の無さにがっくりしつつ、
    好きなのだから仕方ないです。


    さて、ジェオグラフィカの8月のマンスリースペシャルは小物家具!!
    小さめの面白い家具がたくさん入荷しています。
    暑くてお出かけが大変な時にはオンラインショップがおすすめです。
    インスタグラムやツイッターでも写真をUP致しますので、
    気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

    この記事を読む

  • 2019/08/03スタッフの日常

    ペルセウス座流星群

    8月3日 重本景子

    8月になって楽しみなことは、ペルセウス座流星群がくることです。
    天候が良くたくさん観測できると良いな〜と思います。
    極大は8月13日の様です。
    はたして深夜に起きていることが出来るのか。。。
    真夏ですが夜は少し涼しくなるし、冬の寒さに比べれば全然良いと思うので
    頑張って見てみようかなと思います。

    この記事を読む

  • 2019/08/02スタッフの日常

    夏に向けて

    8月2日 萩谷優

    夏に向けてというか、もうすっかり真夏になってしまいましたが、
    熱くて苦しい時期に備えて体重を絞っています。

    もう年なので、余計なお肉がついていると動くのが辛いです。
    ということで、スキあらばシーチキンサラダを食べています。これで体重が落ちていくはず。

    ドレッシングは別売りです。

    この記事を読む

  • 2019/08/01スタッフの日常

    郵便ポストは赤でしょ?

    8月1日 岡田明美

    我が家の隣が郵便局の入っているビルなので、
    大変便利なのですが・・・
    数日前の帰宅時に前を通りかかって、『ん??』何か違和感。

    違和感はこれ!

    どうしたことでしょう・・・
    古今東西、郵便ポストは赤いものじゃあ無かったですか?
    (まぁ例外はあるにしても)

    地元の、サッカーJリーグのチームを応援したい気持ちは理解できるが、
    ポストですかい〜〜www

    ご近所さんにも聞いてみた。
    「赤いの目指してくるから、一瞬ポストが消えた〜〜て、なるよね」

    両サイドはこんな感じ。
    チームのマスコットなんだって!

    ん?ふろん太くんはわが町のゆるキャラ『さぎぴょん』と
    キャラ被りしてないかい・・・?

    私がどこ市民か、これでバレバレ。。。
    頑張れ!フロンターレ!!

    この記事を読む

  • 2019/07/31スタッフの日常

    深淵を覗く

    7月31日 中野美穂

    飲み込めない何かに喉元を圧迫されるような、ひやりと魂を凍らせるような、そんなどっしりと重い展覧会、
    『クリスチャン・ボルタンスキー展』に行ってきました。

    大阪で開催されていた時から気になっていたのですが、東京会場に巡回との事で、ようやく見る事ができました。

    人の「在と不在」について、すり潰すように細かく、深く、読み解いては構築する作品群に埋もれた空間は、まるでボルタンスキーの思考の中の「死の世界」に迷い込んだようです。
    覚悟はしていたのですが、なかなかにヘビーな内容で衝撃的でした。

    ただ、「DEPART(出発)」「ARRIVEE(到着)」「来世」などと書かれた電飾に遭遇する会場を一巡りした後には、何か大きな旅を終えたような、不思議な清々しさも感じました。
    胎内めぐりとはこういう物なのかもしれません。


    夏の暑さを吹き飛ばすような爽やかさとはまた違いますが、何か重苦しい物がふっとやって来ては通り抜けていくような、不思議な達成感を味わえる展覧会でした。

    この記事を読む

  • 2019/07/30スタッフの日常

    Victorian Amber Glass

    7月30日 須田涼子

    急に暑くなり、涼しげなガラス食器に癒されます。

    Victorian, Hand-blown,Amber Glass。
    アンバー色のガラスにはすずらんがペイントされています。
    「再び幸せが訪れる」という花言葉のすずらんは、
    ヴィクトリア時代、特に好まれたお花モチーフの一つとのこと。
    もちろんハンドペイントで、触るとこんもりしたエナメルの質感が楽しめます。

    手拭きならではのちょっぴり歪な形が柔らかく温かみを感じます。
    上から見るとクローバーの形に。

    アンティークならではの手仕事の美しさを感じる、
    涼やかなガラス食器です。

    この記事を読む

  • 2019/07/29スタッフの日常

    ガーデンランチ

    7月29日 重本景子

    先日、ランチに行きました。
    どこか良いところはないか?おすすめスポットが全く思いつかなかったのですが、
    ここはどうでしょう?という素敵な案が出て行ってみることにしました。

    青山にあるガーデン付きカフェだったのですが、
    都会のど真ん中という立地に広々と芝生があり
    植物とお花のショップとカフェもあったりで、
    子供連れの方たちも多くたくさん遊んでいました。

    都会の緑は貴重ですね。
    ベンチや椅子がたくさんあるのも嬉しいところです。
    カフェの横では若者たちがグループワークの様なことをやっていたり、
    のどかなおしゃれスポットでした!

    この記事を読む

  • 2019/07/28スタッフの日常

    新入荷のスツール

    7月28日 萩谷優

    今週は、可愛らしいスツールが3つ入荷しました。

    どれもそれぞれに良さがあり、悩ましいところです。

    この記事を読む

  • 2019/07/27スタッフの日常

    真ん丸から伸び〜るテーブル

    7月27日 岡田明美

    入荷して間もない、こちらのテーブル。
    真ん丸ですが、伸びるんです!

    お馴染みの「エクステンションテーブル」ですが、一番小さくした時に
    ほぼ真ん丸になるタイプは意外と入荷が少ないからか、
    お探しの方も結構いらっしゃいます。

    最小にしても、4名様でゆったりお食事ができるサイズです。
    間には3枚の中板が入るので、バリエーションが楽しめるダイニングテーブルです。

    今月一杯は、「マンスリースペシャルセール」の対象商品として、
    なんと!20%OFFになります!!

    詳細はリンクページよりぜひご覧くださいませ!

    エクステンションテーブル・902-K-0123



    ついで(!?)に一緒にセットしてある、ダイニングチェアーの情報も。

    こちらも7月31日まで限定で、セール対象商品です。

    クィーンアンチェアー・604-H-0175

    この記事を読む

  • 2019/07/26スタッフの日常

    衝動買い

    7月26日 中野美穂

    都心の大型書店に行くと、芸術書コーナーが充実しているので、ついふらりと立ち寄ってしまいます。
    なかなかお値段が張るものが多いので、今日は何も買わない!と心に決めて行くのですが、芸術書に対してはどうしても財布の紐が緩んでしまいがちです。

    先日の衝動買いはノーマン・ロックウェルの画集です。

    コンパクトサイズですが、厚さはなんと3.5cm!約50年に及ぶ画業を収めた充実の内容です。

    ロックウェルのこのボリュームの画集は、日本ではあまり出版されてないのではないでしょうか…?
    洋書を置く規模のある書店ならではの発見に、流れるようにカゴに投入してしまいました。

    初期から晩年にかけて年代順に掲載されており、その作風の変化だけでなく、アメリカ社会の時代の変化そのものが写し取られているようでとても興味深い内容です。
    展覧会で“本物を見る”感触も好きですが、家でゴロゴロしながらゆっくりと思いを馳せることが出来るのが、本の良いところかと思います。

    この記事を読む

  • 2019/07/25アンティークのある暮らし

    #8:キャビネットのための特別室

    今回のアンティークのある暮らしは遠方のお客様よりご投稿いただきました。

    なんと、こちらのキャビネットにひとめぼれをして、そのためにお部屋を増築されたとのこと!
    そこまで言っていただけるアンティーク家具をお届けできて、大変光栄です。

    お気に入りのポイントは「現代にはない美しい彫刻とエレガントな雰囲気」と伺いました。
    お言葉の通り、なかなかお目にかかれないクオリティーの見事なグラスキャビネットです。

    ご紹介頂いたキャビネットもさることながら、その他のアイテムもどれも素晴らしいものばかり。

    隣のコンソールテーブルを違うものにしたお写真をもう一枚いただきました。

    こちらの組み合わせも素敵ですね。

    アンティークの魅力について、

    「ほぼ一点ものというところ、そして どんな人にどの様に愛され使われてきたのか、
    遠い異国の地に想いを巡らせながら、ヨーロッパの歴史を思い描くこと、壮大なロマンを感じます。」

    「日々の暮らしに彩りと豊かさを与えてくれる」

    「大量生産家具では決して得られないであろう、いつまでも愛おしく、飽きない魅力があります。」

    とのお言葉をいただきました。ご投稿誠にありがとうございました!

    ご応募お待ちしています!

    ジェオグラフィカでは「アンティークのある暮らし」へのご応募をお待ちしております。

    ぜひぜひ、あなただけのアンティークスタイルを教えて下さい!

    「アンティークのある暮らし」投稿ページ

    この記事を読む

  • 2019/07/25スタッフの日常

    チェアーがオススメ

    7月25日 須田涼子

    ジェオグラフィカでは7月31日までMONTHLY SPECIAL SALE を開催中です!!
    (特設サイトはこちらをクリック!!↓↓)

    MONTHLY SPECIAL SALE 開催




    いくつあっても欲しくなってしまうアンティークのチェアー。
    私ももちろん大好きで、張り替え後に入荷する姿をみるのが楽しみの一つだったりします。

    それぞれのフレームの美しい装飾やデザインはもちろん、
    用いるファブリックで表情が異なり、お部屋を華やかに彩る点もアンティークチェアーの良いところ。

    お得なこの機会にぜひお好みのチェアーを見つけて下さい!

    ----------------------------------------------------------------------

    ----------------------------------------------------------------------

    この記事を読む

  • 2019/07/24スタッフの日常

    アラジン

    7月24日 重本景子

    先日アラジンの映画を見に行きました。
    ディズニーの実写版が好きなので、
    今回もかなり楽しみに、わくわくしながら見ました。

    美しく再現された世界が素晴らしく、
    アラビアンな衣装も可愛いです。
    定番から新作まで、心に響く歌も良かったです!さすがアラン・メンケン!!
    とにかくその世界の余韻に浸れたのが心地よかったです。

    予告によると来月はライオン・キングが始まるそう。
    こんなに短いスパンでまた映画、さすが夏休みの季節ですね。
    嬉しい限りです。

    この記事を読む

  • 2019/07/23スタッフの日常

    オークのダイニングセット

    7月23日 萩谷優

    オークのドローリーフテーブルとダイニングチェアーのセットが入荷しました。

    セット主義者ではありません。

    が、やはりセットにはセットの良さがあることも事実。

    好みが分かれるところかもしれませんが、
    この「隙のない感じ」はセットならでは

    とは言いながら、しかしオーク材特有の素朴さが、
    セットのキッチリ感を中和して、親しみやすさがあります。

    今月中は20%OFFでお買い得です。

    オンラインショップで詳細をどうぞ

    この記事を読む

  • 2019/07/22スタッフの日常

    うちわ2019

    7月22日 岡田明美

    今年も恒例のジェオグラフィカ・オリジナルうちわが出来上がりました。

    中々明けない梅雨のせいでうちわの出番も少なくてヒヤヒヤしましたが
    ここ数日の暑さ(というか湿度)で、ご来店のお客様に喜んで頂いております。
    今週から関東地方もいよいよ夏本番、梅雨明けも間近な様子・・・

    是非、ご来店の上お持ち帰りくださいませ!

    今年もバッグに入るミニサイズです。

    片面はボタニカル柄。
    もう片面は涼しげなツバメ柄です!



    店内のあちらこちらに置いてあります。
    無くなり次第、終了となりますのでお早目に〜〜。

    この記事を読む

  • 2019/07/21アンティークのある暮らし

    #7:アンティークと暮らす、横浜のマンション

    7回目となりました「アンティークのある暮らし」

    今回は、25年来ご愛顧いただいているお客様よりご自宅をご紹介いただきました。

    こちらのダイニングセット、カップボードともにジェオグラフィカでお求めいただいたものです。


    お使いの家具をお求めいただいた時期については、

    「長い間、ジェオグラフィカには行っていますので、それぞれがいつ買ったかは
    はっきりしませんが、最初は25年ほど前であったと思います。」

    「今も気に入ったものがあると買っているので、
    家具は殆どジェオグラフィカのものになっています。
    駒沢時代にも随分買いました。」


    実は、かつてジェオグラフィカの前身となるアンティークショップが
    駒沢公園の近くにありまして、その頃からのお客様です。

    こちらの一人がけのソファーは駒沢時代にご購入いただきました。

    アンティーク家具の使い方については、

    「アンティークを飾りとして使う方もいるようですが、我が家は生活の中で毎日使っています。」

    「ダイニングでは、三度の食事をテーブル、椅子共に使っています。
    カップボードの中のティーカップ等も毎日使用しています。」

    「長い間海外で勤務していたので、海外で買ったランプがあるのですが、
    それともアンティークはマッチしています。」


    と普段の生活の中で使っていらっしゃいます。


    こちらのブックケースとチェアーもジェオグラフィカにて、

    お気に入りのポイントについては、

    「アンティークの家具は使えば使うほど「味」が出てくるので、
    生活に潤いが増す感じがします。」

    「鍵がかかるので、地震の時、飛び出ることがないので助かります。」

    なかでも一番のお気に入りはデスクだそうで、

    「長いことと、革張りであることが気持ちを落ち着かせてくれます。
    パソコンを置くにも十分のスペースがとれて便利です。」

    と大変満足して使っていただいているご様子、

    また、

    「マンションですから新品の家具が相応しいように感じますが、
    新しい壁に囲まれた室内にアンティークは最高に合います。」

    とのことで、お見えになったお客様は皆さん、その取り合わせの妙に驚かれるそう。



    こちらが一番お気に入りのデスクのあるの書斎。

    お言葉どおり、天板のスペースがたっぷりとあり、落ち着いた雰囲気の素敵な書斎ですね。

    読書や書き物などに、とても集中できそうです。

    アンティークの魅力については次のようにおっしゃっています。

    「何と言っても、使えば使うほど『艶』が出てきて味のある家具になることでしょうか。」

    「多少、使い方に注意がいる場合などもありますが、むしろその位の方が
    愛着が湧いてくるようです。」

    「毎日生活の中で使ってこそアンティークなのではないかと感じています。」

    これこそまさに「アンティークのある暮らし」ですね。

    「我が家の家具は先にも言ったように、殆どアンティークになっています。
    もう今では、新しい家具の中での生活は考えられません。」

    と、お客様。

    アンティークショップとして、これ以上なくありがたいお言葉です。


    この度は、「アンティークのある暮らし」へのご応募ありがとうございました。
    今後共末永く、アンティークライフを楽しんでいただけるお手伝いができれば幸いです。  

    アンティークのある暮らし募集中!

    ジェオグラフィカでは、皆様のアンティークのある暮らしを募集しています。
    ご紹介いただけるかたは、ぜひ下のリンクよりご応募ください!

    「アンティークのある暮らし」投稿ページ

    この記事を読む

  • 2019/07/21スタッフの日常

    アートブックの祭典

    7月21日 中野美穂

    ずっと気になりつつ、なかなか行く事が出来なかった『TOKYO ART BOOK FAIR』。
    今年初めて、ようやく行く事が出来ました。

    国内初のアートに特化したブックフェアで、アジアでは最大規模との事です。
    噂には聞いていたのですが、とにかく人の多さに衝撃でした。

    写真では切っていますが、この下は全て人です。
    会場となったのは東京都現代美術館ですが、普段は広々としているエントランスから展示室まで、全てが人と本に埋め尽くされ、ブースを覗くどころか1m進むのにも一苦労なくらいでした。

    そして面白いのが、出展者・来客どちらも海外の方も非常に多かった点。
    片言の日本語と英語でコミュニケーションをとる姿を見ると、好きなものに対する情熱には国境や文化の違いは関係ないのだなと感慨深くなりました。

    物を生み出す人とそれを受け取る人達。
    それぞれの熱気に触れ、ヘトヘトになりながらもたくさんのパワーをもらった1日でした。

    この記事を読む

  • 2019/07/20スタッフの日常

    素敵なカフェ

    7月20日 須田涼子

    先日は、ジェオグラフィカのアンティークチェアーを15脚(!)
    お納めした素敵なカフェ、「カルフール」さんへ行ってきました。

    恵比寿東口から徒歩5分位にあるビルの地下1階、
    アイアンの扉を開けると重厚かつクラシカルなダークブラウンの壁面で囲われた空間が現れます。
    シャンデリアやウォールブラケット、無垢のテーブル等、
    細部までこだわりが詰まった美しい店内にアンティークチェアーが配されていて、
    とても嬉しく感動してしまいました。
    実際にお客様が使われているのを見る機会はあまり無いので、感動もひとしお。

    注文した飲み物がSPODEのブルーイタリアンで出てきて更にまた感激。
    (しかもとっても美味しかったです。)

    恵比寿に行った時には、また伺いたいと思います。

    この記事を読む

  • 2019/07/19スタッフの日常

    スミレ

    7月19日 重本景子

    旅先で食べた美味しくて印象的だったものは”スミレ”。
    スミレの砂糖漬けのお菓子が、
    オーストリア皇后エリザベートが愛したお菓子として有名です。
    美貌の皇后のイメージ通り素敵で優雅なお菓子です。

    口の中でスミレの繊細な香りが広がって、なんとも贅沢。
    アイスに乗せたり飲み物に入れたりして楽しめます。
    おいしくて、かわいくて、とても癒されるお菓子でした。

    この記事を読む

  • 2019/07/18スタッフの日常

    テーブルランプ

    7月18日 萩谷優

    サマーセールは終了しましたが、まだまだ良い商品がたくさんあります。

    こちらはリプロダクションのテーブルランプです。

    ダイニングチェアなどでよく使われる脚のデザインがモチーフになっています。

    こちらも同じテーブルランプです。

    シェードを違うものにするだけで、だいぶイメージが変わります。

    このように、テーブルランプはシェードを交換することで、
    違う雰囲気のインテリアアイテムとして楽しめます。

    お持ちの家具に加える要素として、おすすめです。

    この記事を読む

  • 2019/07/16スタッフの日常

    トロピカルアフタヌーンティー

    7月16日 岡田明美

    久しぶりにホテルでアフタヌーンティーを楽しんで参りました。

    月毎にテーマが変わるそうで、夏を先取り?
    『トロピカルアフタヌーンティー』が訪れた日のメニュー。
    日頃、あまりフルーツは自分で購入しては食べないので、南国フルーツを使ったスイーツと
    紅茶のフレーバーもフルーツ系が多種用意されており、美味しかったです!

    元々の洋館をホテル建て替えの際に移築。
    歴史ある洋館のインテリアも楽しめます!


    高層ビルの足元に突然出現します。


    アフタヌーンティーのお部屋は一番奥、こじんまりしてクラッシックなインテリアです。

    やはり3段アフタヌーンティーは、気分が上がります。

    季節のトロピカルフルーツがたっぷりでした!

    この記事を読む

ブログアーカイブ