GEOGRAPHICA

記事一覧 (アンティークのある暮らし)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2019/07/10アンティークのある暮らし

    #6:自分好みにしつらえた、幸福なリビング

    今回は、紅茶とイギリスがお好きなお客様にご自宅をご紹介いただきました。

    家でゆっくりお茶の時間を過ごすのがお好きで、
    そのためのアンティークの茶器や銀器などを少しずつ集め始めるうちに

    「家具もイギリスの物にしたいな」

    「家具が茶色い方が持っているものたちと馴染むな…」

    と思い始めたのがアンティークに興味を持ったきっかけとのこと。

    リビングでお使いのダイニングセットやチェスト、キャビネットなどなど
    たくさんジェオグラフィカでお求めいただきました。

    誠にありがとうございます。

    こちらのダムウェイターテーブルも

    「以前はお茶を出す時にカップやポットを置いておく場所がなくて困っていましたが、
    ダムウェイターテーブルだとディスプレイも兼ねて置いておけるので重宝しています。」

    と、とても喜んでいただいております。

    こちらのケーキスタンドも素敵。



    「どの家具もお気に入りです!」

    とおっしゃっているお客様ですが、

    「特にこのダイニングテーブルは、普段は小さく使って圧迫感がなく、
    お客様がいらっしゃる時は広げて大きく使えるのが有り難いです。」

    と便利にお使いのご様子。

    この天板の広がるアクションがご主人の心を捉えており、
    ご自宅で広げるたびに、嬉しそうな顔をされているそうです。

    たしかにこの動きは気持ちがいいです!

    こちらのティータオルは額装を承りました。
    お選びになったフレームがとてもよくフィットして、なんというか、素敵が溢れます。

    こちらはマホガニーのネストテーブル、、、の一番小さいテーブルです。
    玄関の花台として使っていただいております。

    「アンティークのある暮らし」についてお伺いしたところ、

    「100年近く前に使われた物が海を越え、
    キレイな状態でまた使えるなんて温かい気持ちになります。」

    「家や生活に合う家具に一生物として出会えたことに感謝、
    自分の好みの物で設えた空間で過ごすことは究極の幸せです。」

    と、まさにアンティーク家具屋冥利に尽きるお言葉を頂戴しました。

    これからも、アンティークを楽しんでいただけるお手伝いができれば幸いです。

    この記事を読む

  • 2019/07/10アンティークのある暮らし

    #5:シューズボックスはブックケース

    今回のお客様は、玄関用にお求めいただいた家具をご紹介してくださいました。

    靴箱としてお使いのブックケースと、
    靴をはくときに腰掛けるためのナーシングチェアーです。

    シューズボックスを長年探していたとのこと。

    なかなか思うようなものに出会えずにいたところ、
    ジェオグラフィカでこちらのブックケースが目に止まり、、

    「一目惚れした」と気に入っていただきました。

    そのままでは靴が収まらないため、
    棚板に少し加工をして靴を斜めに置けるようになっています。

    お持ちの靴がすっかり収まったということで、ご満足いただきました。

    そしてこちらのナーシングチェアーは、
    靴をはくときに腰掛けてお使いです。

    チェアーの下の絨毯も、とても素敵ですね。

    ナーシングチェアーは座面の位置が低いので、
    玄関で靴をはくときにはちょうどいい腰掛けになります。

    「家の顔でもある玄関が、とても見栄えも良くなり感謝しております。」

    と、大変ありがたいお言葉を頂戴いたしました。


    「アンティークのある暮らし」とは、
    「自分の居場所があると感じる、落ち着いた暮らし」とおっしゃるお客様、

    そのお言葉の通り、どこかホッとするような素敵な空間をご紹介いただきましてありがとうございます。

    アンティークのある暮らし募集しています

    ジェオグラフィカでは「アンティークのある暮らし」を募集しています。

    「この家具のここが好き!」

    「ちょっとおもしろい使い方をしています」

    「やっぱりアンティークは落ち着く、、」

    などなど、それぞれのアンティークライフをぜひ教えてください。
    ご応募いただいた方には、ジェオグラフィカで使えるポイントを1000円分プレゼントいたします。

    「アンティークのある暮らし」投稿ページ

    この記事を読む

  • 2019/06/27アンティークのある暮らし

    #4:長居してしまう、南青山のオフィス

    「アンティークのある暮らし」第4回、目黒を飛び出して、南青山のオフィスにお邪魔してきました。

    今回、アンティークライフをご紹介していただくお客様は、大手広告代理店に長年勤務された後、今はフリーランスとしてお仕事をされています。

    数年前に、こちらのオフィスを開くにあたり、家具をまとめてお求めいただいたのがご縁のはじまりで、その後も折りにふれて色々とご購入してくださっているお客様です。

    「そろそろ落ち着いた感じのインテリアがいいかな」と、思っていたところで広告を見てジェオグラフィカにご来店されたのがきっかけで、アンティーク家具の良さにハマっていただきました。

    こちら、桃の節句には、ひな壇になるケーキスタンド。

    こちらがミーティングゾーン、椅子はバラバラなものを組み合わせようというイメージをお持ちで、それぞれ個性のあるアイテムを選んでいただきました。

    床が上げ底になっていて天井が低いそうで、座面の低い椅子で打ち合わせなどができるようにチョイスされています。

    くつろいだ雰囲気でミーティングができるので、皆さん長居していかれるそうです。

    私もとてもリラックスして、ゆっくりお邪魔してしまいました。

    こちらがクリエイティブが生み出されるデスク、このチェアーもジェオグラフィカでお求めいただきました。

    「不思議と、この椅子が一番座り心地がいいです」と気に入って頂いています。

    そしてこちらのファイリングキャビネットも、お見えになる方から好評ということで、やはりそういったお話を伺うととても嬉しいです。

    オフィスにいらしたクライアントとも、「家具がきっかけになって、話がしやすくなっています」とおっしゃっていただきました。

    「和洋古今を問わず、自分が心地いいものだけを目につくところに置きました」とおっしゃる通り、いろいろなテイストのものをお使いで、素敵に調和させておられます。


    「一人だと、ついサボっちゃったりしませんか?」

    という私の失礼な質問にも

    「結構真面目に仕事してますね」

    と優しく答えてくださるお客様、きっとそのお人柄がこの心地よい空間を作ったのだと思います。

    いろいろなインテリアの要素を、ご自身のカラーで調和させている、素敵なオフィスをご紹介いただきまして、ありがとうございました。

    この記事を読む

  • 2019/06/26アンティークのある暮らし

    #3:ウォールナットのドレッシング・テーブル

    本日、お客様よりご投稿をいただきました。
    ご投稿をいただくのは、初めてです。本当にありがとうございます!

    今回、ご紹介いただいたのはこちら、
    ウォールナット材のドレッシングテーブルです。

    お求め頂いたのは、3年ほど前、

    鏡台をお探しでしたので、倉庫の在庫からご紹介し、気に入っていただきました。

    「明るい杢目と、鏡の縁取りやテーブルの、まあるい感じが気に入っています。 」
    との嬉しいお言葉を頂戴いたしました。

    ちなみに、セットされているチェアーもジェオグラフィカでお求め頂いたものです。

    重ね重ね、ありがとうございます。

    ここは「ご自分の拠点」とおっしゃるお客様、
    お好きなものを並べて、ご自分の空間を楽しんでいらっしゃいます。

    アンティークの魅力について、

    「日常に非日常の空間を作ってくれること、
    それでいて懐が深くてモダンな空間にもしっくり馴染んでくれるような気がします。 」

    とのこと、

    おっしゃる通り、日々の暮らしの中で、アンティーク家具を楽しんでお使いのご様子が伺えます。

    「ヴィンテージのコスチュームジュエリーに肩を並べる年齢になってみると、
    はるかに長い年月と空間を超えて凛としている存在は、とても頼もしい。」

    とのお言葉も、
    確かに、年月を越え、さらに遥か海を超えて今なお価値を保ち続けるアンティーク家具、
    あらためて、学ぶべきところがあると背筋の伸びる思いがします。


    「 ともあれ、アンティークがあるだけで、幸せ! 」
    ご投稿の最後に頂いたこの言葉に、今後もお答えできるジェオグラフィカであるよう。

    これからも、努力して参りたいと思いを新たにしました。

    皆様からの投稿お待ちしています!

    「アンティークのある暮らし」では皆様のご投稿をお待ちしています。

    ぜひ、あなただけのアンティーク・ライフを教えてください!

    ご応募は下記リンクより、お待ちしております!

    この記事を読む

  • 2019/06/23アンティークのある暮らし

    #2:飴色のスピンドルバック・チェアー

    「アンティークのある暮らし」
    第二回目は、スタッフの土田さんにお部屋を紹介していただきました。


    「ずっとベントウッドチェアーのような軽めのイスを探していたのですが、
    小ぶりな大きさとスピンドルバックに一目惚れをして購入を決めました。」

    「家にいるとき、睡眠時以外はほぼこのチェアーに座っています。」

    という、お気に入りのスピンドルバックチェアーです。

    「部屋はミシン台のテーブルやガス管のシェルフなどゴツめなアイテムが多く、
    ちぐはぐな印象になるかと不安でしたが、わりとどこに置いても馴染みました。」

    ということですが、確かにとても良く馴染んでいて、素敵ですね。

    「自分の好きなイスに座って、好きなDVDを見たり本や漫画を読んだりするのは至福のひと時です。」

    「板座に長時間座って疲れてしまわないように、クッションをしいたりしながら、
    気分によってコーディネートも楽しんでいます。」

    というコメントからも、その愛用ぶりがよくわかります。

    エンボス(型押し)の座面も、いい感じで飴色になっています。
    アンティーク家具ならではの風合いです。

    お気に入りのスピンドル、これはいいスピンドル!

    「もっと楽なチェアーを探せばきっと色々あると思うのですが、
    自分の好きなイスに座って、好きなDVDを見たり本や漫画を読んだりするのは至福のひと時です。」

    という土田さん、

    確かに、かなりお気に入りでないと、この椅子が見上げるようなアングルの写真は取れません。
    素敵なアンティークとの暮らしぶりを紹介してくれて、ありがとうござました。

    あなたの「アンティークのある暮らし」募集しています。

    ジェオグラフィカでは、皆さんの「アンティークのある暮らし」を募集しています。

    びしっとスタイルを揃えるのも、
    意外な組み合わせを楽しむのも、
    それぞれに素敵なアンティークライフです。

    「うちの子が一番可愛い」という方、
    ぜひご応募orお問い合わせ、お待ちしております。

    「アンティークのある暮らし」投稿ページ

    この記事を読む

  • 2019/06/17アンティークのある暮らし

    #1:マホガニーの一人がけソファー

    こんにちは、「アンティークのある暮らし」ライター兼エディターの萩谷と申します。

    この「アンティークのある暮らし」はお客様にアンティークとの生活を紹介していただくコンテンツです。

    10人いれば10通りのスタイルがあるはずで、それはどれもその人らしい素敵な楽しみ方だと思います。
    もし、その十人十色のアンティークライフを共有することができたら、
    すべてのアンティーク愛好家にとって、とても有益なのではなかろうか?という思いからこの企画はスタートしました。

    インテリアは基本的にプライベートなものかもしれませんが、
    それを共有することで新しい楽しみ方やコミニュケーションが生まれるきっかけになればとても嬉しく思います。


    さて、人のお部屋を見せていただくにはまず自分の部屋を開示すべきですよね?
    ということで、僭越ながら初回は私の「アンティークのある暮らし」をご紹介いたします。

    マホガニーの一人がけソファー

    私の家のアンティーク家具は、2012年に購入したマホガニーの一人がけソファーです。

    購入のきっかけ

    当時はまだ、横浜市青葉区荏田町にファクトリーがありまして、
    コンテナの荷受けにいったらこのソファーが積まれていました。

    降ろしているときからなんとなく気になって、
    気になるから見ているうちに好きなってしまったパターンです。

    購入時のエピソード

    張り替える生地にこだわって、生地屋さんのショールームまで選びに行きました。
    当時はまだ若かったので頑張れたのだと思います。

    こだわって選んだ生地なので、当初は汚さないように気をつけていましたが、
    6年経った今ではあまり気にせず普通に使っています。

    我が家には娘が二人おりますが、購入当時はまだ小さくて、
    ソファーのシートにすっぽり収まるようにして座っていたのが印象に残っています。

    どのように使っているか

    我が家は来客がある家ではないので、家族専用のソファーです。
    特別「アンティーク」だということを意識することは殆どありません。

    リビングには3人がけのソファー(アンティークではない)もあるので、
    寝転がりたいときはそちらへ、ちゃんとテレビを見たいときにはこのソファーに座ります。

    気に入っているポイント

    コロッとしてボリュームのある形が気に入っています。
    最近はちょっとクッションがへたってきて、全体的にしぼみ気味なのが少し気になります。

    あとは足が短くてかわいいです。

    アンティーク家具の魅力

    「使われている材質がいい」とか「手入れをしながら長く使える」とか、色々あるとは思いますが、
    そういったものをすべてひっくるめて、すごく「本物」な感じがするところな気がします。

    本当に良い物だからこそ、今まで残されてアンティークになっているわけで、
    そういうものを特別意識せずに日常生活で普通に使うことができる。
    それがアンティークの魅力ではないでしょうか。

    「アンティークのある暮らし」とは

    私にとってアンティークのある暮らしとはどんなものか、

    何かの歌詞にありましたが、

    「気がつけばそこにあるもの」という感じでしょうか、、、改めて考えるとすごく難しいです。


    みなさんにとっての「アンティークのある暮らし」はどんなものでしょうか?
    これからたくさんのお話が伺えることを楽しみにしております。

    皆様からの投稿お待ちしています!

    「アンティークのある暮らし」では投稿を募集しております。

    「アンティーク家具が部屋にあるだけで幸せ」とか
    「この家具こうやって使ってるけどとっても便利」とか
    「こんな使い方してるの多分ウチだけだと思う」とか

    皆さんそれぞれ楽しんでいるアンティークライフをぜひ教えてください。

    「教えてあげてもいいよ」という人は下記リンクの投稿フォームよりお願いします。

    「アンティークのある暮らし」投稿フォーム

    この記事を読む

ブログアーカイブ