GEOGRAPHICA

記事一覧 (2018年11月)

スタッフの日常や、ショップの商品紹介など

  • 2018/11/30

    サイドボード

    11月30日 萩谷優

    早いもので11月ももう終わり、明日からは12月です。

    今週はちょっと珍しいサイドボードが入荷しました。
    扉がなくて引き出しだけのサイドボードです。

    バッチリきれいに修復済みです。

    詳細はこちらからどうぞ

    この記事を読む

  • 2018/11/29

    ラッコいないツアー

    11月29日 岡田明美

    新江ノ島水族館へ3年ぶりに行ってきました。

    夏の終わりに江ノ島在住の知り合いから

    「おかださん、エノスイにラッコが来ましたよ!」と連絡が!

    「ラッコ!!」これは行かねば・・・と思いつつ中々予定が合わず冬になってしまいましたが
    ポカポカ陽気に恵まれ、水族館日和で海もキラキラ〜でした。

    で、で、、入館したら同行者に
    「おかださん、ラッコゾーンがどこにも無い!!」

    「へ?」

    3人で何度も館内MAPを見るも、無い・・・

    で、見つけたのが「カピバラゾーン」
    車を自宅に置きに行った住人が戻るや否や

    「ラッコとカピバラ間違えた?」

    「えっ!ラッコ居ませんか??」「おかしいなぁ」

    ハイ!カピバラツアーに変更〜〜。

    微動だにしない・・・
    日がな一日餌をハムハム。

    この記事を読む

  • 2018/11/28

    リー・キット展

    11月28日 中野美穂

    先日、原美術館に行ってきました。
    現在開催しているのは『リー・キット展』。香港出身の作家さんです。
    現代アートの展覧会は久しぶりだったのですが、たまたま目にしたチラシに一目惚れし、
    勢いのままその翌日に足を運びました。

    邸宅をリフォームしたというこちらの美術館。それぞれの部屋全体を一つの作品として作られた展示は、
    光と陰と映像と言葉…、様々な要素がとてもデリケートな感覚で組み上げられ、
    まさに「僕らはもっと繊細だった。」というタイトル通り、とてもセンシティブに観る者の心に触れてくる
    内容でした。


    ふわふわとした気持ちで外に出ると、いつの間にか日が傾き始め、冷えた空気と枯れ葉が
    川面を揺らしていました。
    大きなビルに囲まれながら、どこか喧騒から遠ざけられたあの空間。
    初めて行った美術館でしたが、たった一度でお気に入りの場所になってしまいました。

    ただ帰ってから知ったのですが、実は原美術館は2020年で閉館してしまうそうです。
    老朽化による為との事でしたが、せっかく出会えた素敵な美術館だったのでとても残念です。
    これから残された時間の間、出来る限り通いたいと思います。

    この記事を読む

  • 2018/11/27

    いよいよ

    11月27日 東海林 亮二

    イチョウが色づいてきています。冬の到来です。
    東京でもイチョウの名所が幾つかあり、あまりにも有名な並木道には
    多数のイチョウが植えられ、黄金色のトンネルとなりとても美しい。

    目黒通りでも現在黄色く染まった葉が舞い散ってきています。
    日に日に落ち葉の量が増え、風で飛び散った翌朝は
    せっせと掃き掃除に励んでおります。

    この記事を読む

  • 2018/11/26

    イルミネーション

    11月26日 瀬藤万里絵

    一気に寒くなり、冬の空気が身にしみてくる今日この頃・・・
    寒さとは裏腹に目を楽しませてくれるのが、なんといっても街のイルミネーション。
    出かける先々で目にする電飾がキラキラと綺麗で癒されます!

    この記事を読む

  • 2018/11/25

    美味しい季節

    11月25日 土田麦菜

    やっぱり暑い日より寒い日のほうがチョコレートは美味しく感じます。
    この季節にピッタリな冬の贈り物。

    おすすめは他にもたくさんありますが、
    特にパッケージや缶のデザインが可愛いカファレルのチョコレートは毎年大人気です。

    カファレルは1826年にイタリアのトリノで創立された老舗のチョコレートメーカー。
    現在では良く見られるアルミホイルに包まれたチョコレートの始まりとも言われているそうです。

    パッケージはもちろんのこと、中のチョコレートも大変愛らしいラッピングがなされており、
    贈る側ももらう側もきっと幸せな気分になること間違いなしです。

    ぜひ、大切な人へのプレゼントに、自分へのご褒美に、おひとついかがでしょうか。

    この記事を読む

  • 2018/11/24

    Teddy Bears

    11月24日 須田涼子

    ジェオグラフィカのクリスマス2018、
    昨日は3連休初日ということもあって、たくさんの方にご来店頂き誠にありがとうございます!

    アンティーク家具屋ですので、クリスマスディスプレイに使用中の家具がSOLDになる度、
    ディスプレイをちょこっとずつ変えています。
    期間が長くなっておりますので、何度でもご来店いただけますととても嬉しいです。

    本日はディスプレイのあちこちにちょこんと座っているぬいぐるみ達に注目。
    どの子も哀愁漂うお顔で、可愛いです。

    まずは、入り口のブース内でチケット番をしている大きなくま。
    どうやらスタッフの一番人気のよう。
    トボけた表情で皆様をお迎え&チケット型のフライヤーをお配りしています!

    イケメンさんや空中ブランコに乗った子もいますよ。

    陽月さんのお人形の隣には、黒いお耳が特徴のスーティーベアーが。
    近くでよく見るとにっこり笑っていて可愛いのです。

    表情が堪らないクマさん2匹。
    左がSteiff のくまさんおもちゃ、右が1950年代に製作されたテディベアです。

    どのぬいぐるみ達もとっても可愛いので、クリスマスディスプレイ・家具・お人形に加え、
    ぬいぐるみにもご注目くださいませ!!

    番外編
    仲が良さそうなライオンと犬

    おまけ
    ウォーカーショートブレッドのクリスマス限定缶の一つもテディベアです!

    ぬいぐるみの詳細は、
    メール(shop@geographica.jp)またはお電話(03-5773-1145)にてお問い合わせください!

    この記事を読む

  • 2018/11/23

    クリスマス

    11月23日 重本景子

    クリスマスディスプレイで華やかな店内にいると、
    わくわく楽しくなります。
    可愛らしい小物や、大人っぽいシルバーもの、
    アンティーク家具もいいな!というものがたくさんあるので
    あれもこれも欲しくなってしまいます!
    どれにするか悩むのもまた楽しいですね。

    この記事を読む

  • 2018/11/22

    ブランコ

    11月22日 萩谷優

    クリスマスシーズンに入りました。

    今年はサーカスがテーマということで、ブランコを作りました。
    形になってしまえば「そんなものか」という気がしますが、
    結構いろいろと工夫をして作りました。うまく行って良かったです。

    この記事を読む

  • 2018/11/21

    誰もが知っている絵

    11月22日 岡田明美

    ムンク展ー共鳴する魂の叫びを観てきました。

    混雑状況をチェックしたら、入場まで40分。

    まあ、仕方ない。
    誰もが知っていると思われる、超有名絵画が日本初公開ですから。

    行列は思ったよりもサクサクと進み、会場内も混雑していましたが
    思った通り(名画あるある)の小さめサイズ「叫び」はゆっくりと鑑賞できました。

    ムンクといえば「叫び」ですが、今回の展覧会は「100%ムンク」だそうで、
    殆ど観たことのない、他の作品も見応え充分にて楽しめました。

    シャンシャンも、すごい行列でしたYO!

    この記事を読む

  • 2018/11/20

    今年のクリスマスは

    11月20日 中野美穂

    私にとっては今回が初めてのジェオグラフィカでのクリスマスです。
    大変だと聞かされていた準備期間をなんとか乗り越え、
    いよいよ先週末からクリスマスディスプレイが始まりました!

    飾っても素敵な盛りだくさんの紅茶やお菓子。
    今年のテーマ「サーカス」に合わせて集められた小物類。

    どれもおすすめの商品ばかりですが、店頭ではぜひディスプレイにもご注目ください!
    リースやツリーの設営、モビール類の作成や吊り下げなどは、
    なんと全て、ジェオグラフィカのスタッフによる手作業です。
    努力の甲斐もあり、幻想的でワクワクするような空間が出来上がりました。

    ディスプレイ期間中、ぜひ一度ご来店くださいませ!



    また昨日より、人形作家・陽月さんによるドール作品の展示も開始しております。
    可愛らしくありつつも、妖艶で美しい。
    見ているだけで心が揺さ振られるような作品の数々を、
    ぜひ店頭でご覧ください。

    数に限りがございますが、直筆サイン入りの作品集もご用意しております!

    *作品はスマホでの写真撮影は可能ですが、一眼レフや三脚を使っての撮影はお断りしております。
     また、撮影中は他のお客様へのご配慮をお願い致します。
    *SNSへの投稿の際には、ハッシュタグ「#hizukidoll #geographica」をお付けください。
    *作品は大変繊細なため、お手を触れないようお願い致します。

    この記事を読む

  • 2018/11/19

    ふらりとお出かけ

    11月19日 東海林 亮二

    北関東方面に出かけてきました。
    紅葉が運良く見れれば良いかと軽い気持で車を走らせました。
    お天気にも恵まれ暖かい気候の中、豊かな自然はとても雄大で
    とても澄んだ空気の中、ゆったりとした時間を過ごす事が
    出来ました。

    そして今回一番行きたかった山奥にひっそりと構える山小屋。
    美味しいお茶とお団子格別でした。

    この記事を読む

  • 2018/11/18

    クリスマスモード

    11月18日 瀬藤万里絵

    昨日から始まりました、クリスマスディスプレイ。
    サーカスがテーマなだけあって、マルチカラーで彩られた店内は、
    ワクワクするようなカラフルで楽しい空間に!

    1階の大きなツリーの前は、インスタ映え間違いなしのスポットです。
    ツリー前の赤いチェアーは、今回クリスマスのために張り替えたもの。
    是非お掛けになって素敵な1枚をカメラに収めてくださいね。

    ※撮影の際は、他のお客様へのご配慮をお願い致します。

    この記事を読む

  • 2018/11/17

    いよいよ!

    11月17日 土田麦菜

    クリスマスディスプレイがいよいよ本日からスタートします!!
    毎年どのような飾りつけになるか楽しみにしてくださるお客様も多い一大イベント、
    今年も見応えのある巨大ツリーが店内にお目見えです。

    ツリーと一緒に撮影も可能ですので、どうぞカメラ片手にお越しくださいませ。

    ぜひクリスマスはジェオグラフィカでお過ごし下さい♪

    GEOGRAPHICA Christmas 2018 『La Mémoire du Cirque -サーカスの記憶-』

    この記事を読む

  • 2018/11/16

    明日からX'mas Display !!

    11月16日 須田涼子

    毎年好評を頂いているクリスマスディスプレイ、
    今年はいよいよ明日から始まります。

    スタッフ総出で飾り付けに勤しみ、
    きっとお楽しみ頂けるディスプレイになると思います。

    1階吹き抜けにはおお〜きなクリスマスツリーが立ちました!
    アンティーク家具や小物も続々入荷中です。
    今年もちょっとしたギフトに最適なクリスマスお菓子沢山揃っています!!
    (どれも可愛くてオススメなのです・・!)

    店内全体が賑やかで楽しい空気に満ちていますので、
    お越しくださる方々に少しでも幸せな気持ちになって頂けたら幸いです。

    ご来店をお待ちしています!

    この記事を読む

  • 2018/11/15

    11月15日 重本景子

    先日、うどんを食べました。
    とてもおいしそうだったので、
    近くに行くときに立ち寄ろうと思っていたところです。
    うどんと天ぷらをおいしく頂きました。
    お店の一部は明治時代の蔵を改装。
    とても良い雰囲気で、こんな感じのところに住みたい!と思いました。
    また近くに行くときには立ち寄るつもりです。

    この記事を読む

  • 2018/11/14

    This is it

    11月14日 萩谷優

    今月も無事にコンテナの入荷が終わりました。

    毎回「これは」というものがいくつかありますが、
    今回はこのパインのテーブルとてもいい感じでした。

    きれいに修理された家具もいいのですが、
    このままを持ち帰りたい家具もたまにあります。これがそれでした。

    そういうものに出会うことができるのは、
    アンティーク屋ならではのいいところです。

    この記事を読む

  • 2018/11/13

    冬の楽しみのひとつです。

    11月13日 岡田明美

    アルコールが全く苦手ではありますが、
    このチョコレートだけは別!
    『ラムレーズン』味が好きなのです。

    この季節になり、店頭に並ぶと毎年楽しみに買っては
    チミチミと食べています。
    (一気に食べると多分、酔っ払う・・・)

    今年は新商品が仲間入り!
    当然、買うよね〜〜食べるよね。

    この記事を読む

  • 2018/11/12

    神田古本まつり

    11月12日 中野美穂

    先日神田神保町へと行ってきました。
    目的は神田古本まつり!
    最終日、小雨の降る中という悪条件にもかかわらず、ごった返す人、人、人…。
    さすが日本はもちろん、世界中の読書人・古書ファンが集まるイベントという感じでした。

    神保町に行く事自体も初めてだった私は、とりあえず目に入ったお店に入るという
    ローラー作戦で臨みましたが、隣も古書店、その隣も古書店という街並みに右往左往し、
    最後にはヘトヘトに。
    とりあえず美術関係の本を探しに、とぼんやりと考えていた私は
    見事に本の牙城の洗礼を受けました。

    きっとみんな、何度も何度も足を運んで自分の行きつけのお店を見付けるんですね。
    街を歩く人々の背中がとても力強く感じられた一日でした。

    この記事を読む

  • 2018/11/11

    秋晴れです

    11月11日 東海林亮二

    11月に入り雨だったり晴れだったりと季節の変わり目なのか
    何かと忙しく天候も変化しますね。

    秋と言えば各所でイベント事も多く開催され、私の近所では先日
    収穫祭があり、新米、季節の野菜が沢山並べられ、食欲をそそる品々が
    いっぱいでとても満足なひと時でした。

    さて、ジェオグラフィカでは来週末からはクリスマスモードに入っていきます。
    1階エントランスのディスプレイはもちろん各フロアも様変わり!

    乞うご期待下さい!

    この記事を読む

  • 2018/11/10

    舞台

    11月10日 瀬藤万里絵

    友人がチケットをとってくれ、久々に舞台を観に行きました。
    タップダンスや歌や凝った演出が盛り込まれ、目の前で繰り広げられる物語に
    わくわくハラハラ、たくさん笑って楽しいひととき。
    エンターテイメントの世界ってやっぱりいいな、と再確認しました。
    ちょっぴりお財布は痩せましたが、気持ちは楽しく膨れ上がった1日でした。

    この記事を読む

  • 2018/11/09

    Queen Forever

    11月9日 土田麦菜

    連続映画ネタですみません。
    公開初日に"ボヘミアン・ラプソディ"を見てきました。
    伝説的ロックバンド、クイーンのフロントマンであるフレディ・マーキュリーの伝記映画です。

    誰もが知る名曲のオンパレードに、俳優達のまるで生き写しのような演技は圧巻。
    フレディを完コピした主演俳優のパフォーマンスは本当に素晴らしく、
    フィナーレのライブエイドの映像は半端のない臨場感で、終始鳥肌立ちまくりでした。

    そして隣の席の男性が、ど真ん中世代なのでしょうか、ラストにかけてずっと泣いていたのが印象的です。笑
    エンドロール後、日本では珍しい観客の拍手で幕を閉じました。
    是非映画館の音響+どデカスクリーンで見て欲しい一本です。

    ボヘミアン・ラプソディ

    この記事を読む

  • 2018/11/08

    生地屋さん

    11月8日 須田涼子

    最近、生地屋さんに行く事が多くなりました。
    機会が無ければなかなか足を伸ばさないところも多く、
    新しい発見があってちょっと嬉しいです。

    生地屋さんはやっぱりすごく楽しいですね!
    数多ある生地はもちろんですが、リボンやレースをみるのも楽しい。
    使いこなせる自信はありませんが欲しくなります。

    この記事を読む

  • 2018/11/07

    お土産

    11月7日 重本景子

    先日、お土産に可愛らしいお花とチョコレートを頂きました。
    毎夜、ミルクティーと一緒にチョコを食べるのが楽しみです。
    1粒と思っていても、ついもう1つ。。。
    この誘惑は手強いです。
    寒くなるとチョコがいっそうおいしく感じる気がします。
    不思議。

    この記事を読む

  • 2018/11/06

    みちびき

    11月6日 萩谷優

    2018年11月1日準天頂衛星システム「みちびき」のサービスが開始されました。

    準天頂衛星(QZSS)とは、
    GPSに代表される全地球規模で展開するGNSS(全地球衛星測位システム)とは異なり、
    日本〜オセアニア地域上空を地上から見て南北に8の字を描くように移動しながら衛星軌道を周回する人工衛星です。

    みちびきはGPSと互換性があり、
    合わせて利用されることでより高精度で安定した衛星測位サービスを提供することが可能になります。

    車の自動運転や少人数で効率的におこなう高度IT農業の実現といった産業分野への活用だけでなく,
    災害や危機管理情報の伝達にも利用され私達の命を守る役割も期待されています。

    安定した効率の良い人生を送れるよう、私も導いてほしい。

    この記事を読む

  • 2018/11/05

    気を浄化できます。

    11月5日 岡田明美

    一年で一番好きな季節『秋』!
    なのに、うっかり風邪を引きました。
    中々治りません(陰では鬼の霍乱と言われているとかいないとか)ww
    おかげでここ数回のお休みは、病院か家で寝ているか・・・
    友人との約束も続けてキャンセル、非常に申し訳ないっ!!

    但し、風邪を引く直前にこちらの美術展には行けました(セーフ)

    京都醍醐寺-真言密教の宇宙-

    自称 Butsuzou Girl 失礼、Butsuzou BaBa の私としましては、
    中々行けない京都・醍醐寺(しかも醍醐寺は山の上の奥深く)の門外不出と言われる仏像その他が
    東京で観れるのです!チャンスです。

    会場入るとすぐに、画像の重要文化財《如意輪観音坐像》が鎮座しております。
    静謐な空気を纏いながらも、何とも言えぬ迫力あるお姿です。

    その他にも国宝・薬師如来像など見所満載です。
    平日の昼間なのにたくさんの人が訪れておりました。

    会期は残り一週間、興味のある方は是非とも!

    この記事を読む

  • 2018/11/04

    港北倉庫

    11月4日 中野美穂

    だんだんと秋も深まり、出掛けるのに丁度良い季節がやって来ました。

    先日ジェオグラフィカ港北倉庫へと行って来ました。
    東急大倉山駅からバスで約15分。
    大熊町でバスを降り、見渡せばすぐそこです。

    一階に修復工房、二階にはストックスペース。
    これからの修復や納品を待っている商品が、所狭しと並んでいます。

    コンテナに積まれ、はるばる海を渡って来た商品は
    やはり状態の悪い物も多いのですが、
    修復されることを待ち、ひっそりと積まれたその姿は、
    さながら傷を癒す為に深い眠りについた老兵のよう…。
    なんて事を思いながら、長々と倉庫内をさまよってしまいました。

    工房では黙々と修復に取り組むスタッフの姿も見ることができ、
    アンティーク家具が人の手によって、再び人の生活の中へと
    蘇っていく様子が垣間見えます。

    ご興味のある方は、ぜひ一度倉庫までご来訪くださいませ!

    この記事を読む

  • 2018/11/03

    新入荷オススメです

    11月3日 東海林 亮二

    今回はオーク材のソーイングボックスのご紹介。
    光沢感の有るストライプの生地で張り替えた内部は
    ゆったりとしたスペースを確保。
    コレクションアイテムをしっかり収納出来そう。

    下のトレイは取り外し出来ます。
    〜11/4迄10%OFF対象商品です。お見逃しなく!

    この記事を読む

  • 2018/11/02

    菊の花

    11月2日 瀬藤万里絵

    すっかり秋らしくなり、大好きな菊の花びらを食べました。
    菊の花弁を取っている間もいい香りがして幸せで、
    酢の物にして美味しくいただきました!
    色も綺麗で、見た目にも嬉しい秋気分でした。

    この記事を読む

  • 2018/11/01

    秋の夜長に

    11月1日 土田麦菜

    秋の夜長に、久しぶりにレイトショーを見てきました。
    夜の映画館はどこか寂しい感じがして好きです。
    見たのは"アンダーザシルバーレイク”。
    カルト要素が多く、まず万人受けしないであろうフィルムノワールです。

    現代版マルホランドドライブと称される作品らしいですが、
    リンチのような背中に汗を掻くじっとりとした疲労感はなく、
    ヒッチコックのオマージュやサブカルチャーの応酬は、
    監督の好きを詰め込んだ、不気味なおもちゃ箱のようでした。

    80年代前後のポップカルチャー好きにはたまらないかもしれません。

    この記事を読む

ブログアーカイブ