GEOGRAPHICA

リー・キット展

2018/11/28 | スタッフの日常

11月28日 中野美穂

先日、原美術館に行ってきました。
現在開催しているのは『リー・キット展』。香港出身の作家さんです。
現代アートの展覧会は久しぶりだったのですが、たまたま目にしたチラシに一目惚れし、
勢いのままその翌日に足を運びました。

邸宅をリフォームしたというこちらの美術館。それぞれの部屋全体を一つの作品として作られた展示は、
光と陰と映像と言葉…、様々な要素がとてもデリケートな感覚で組み上げられ、
まさに「僕らはもっと繊細だった。」というタイトル通り、とてもセンシティブに観る者の心に触れてくる内容でした。


ふわふわとした気持ちで外に出ると、いつの間にか日が傾き始め、冷えた空気と枯れ葉が川面を揺らしていました。
大きなビルに囲まれながら、どこか喧騒から遠ざけられたあの空間。
初めて行った美術館でしたが、たった一度でお気に入りの場所になってしまいました。

ただ帰ってから知ったのですが、実は原美術館は2020年で閉館してしまうそうです。
老朽化による為との事でしたが、せっかく出会えた素敵な美術館だったのでとても残念です。
これから残された時間の間、出来る限り通いたいと思います。