このサイトは最新のブラウザでご覧ください。
最新のブラウザはこちら

ジェオグラフィカ -GEOGRAPHICA- │ 東京・目黒通りのアンティークショップ

Vintage View

アンティーク家具を長く使うには

ジェオグラフィカのアンティーク家具は、アンティークとしての風合いをお楽しみ頂くために作られた当時の仕様に近い状態で修理・加工・調整が施されています。
特別難しい事ではありませんが長い間良い状態でお使い頂くためのちょっとしたコツをご紹介致します。

お手入れ方法

  • 普段は柔らかい布で乾拭き

    アンティーク家具お手入れの基本は乾拭きです。
    柔らかい布で丁寧に磨き上げるとそれだけで光沢が違います。
    木のささくれに注意し、木目に沿って乾拭きしましょう。

    アンティーク家具お手入れの基本は乾拭きです。
  • 1〜2ヶ月に一度WAXがけを

    乾拭きでは取りきれない表面の汚れ落としや保湿のため、
    定期的にアンティーク家具用のWAXをかけましょう。
    目安は1~2ヶ月に一度ですが、乾燥しがちな冬はもう少しこまめに
    WAXを掛けた方が良いコンディションを保てるでしょう。

    アンティーク家具用のWAX
  • 極度の乾燥、湿気は大敵

    無垢材が多く使われている事の多いアンティーク家具にとって、
    極度の乾燥や湿気は大敵です。割れや反りの原因になるだけでなく、
    家具としての寿命も縮めてしまう事にもつながります。
    季節によって適度に加湿・除湿に気を配り、人にも家具にも快適な
    環境になる様に心がけて下さい。

    加湿・除湿

ジェオグラフィカおすすめのWAX

ワックス

タウントークポリッシュ ワックス各種 ¥2,700

タウントークポリッシュ社は1895年に英国で創業。ジュエリー・貴金属・銀製品用クリーナーをはじめ、家庭用クリーナー製品など世界各国で愛用されています。

※ワックスの使用方法は日本語で明記されており、安心して御使用いただけます

  • ファニチュアワックス Furniture wax アンティーク家具用ワックス(天然オイル配合)

    蜜蝋や椰子から抽出されるカルナバ蝋など天然成分を独特に配合したファニチュアワックス。古い家具の光沢をよみがえらせ、汚れから表面を保護。また防虫効果にも優れています。

  • ラベンダーワックス Lavender Wax アンティーク家具、木製床材(ラベンダーオイル配合)

    蜜蝋や椰子から抽出されるカルナバ蝋にラベンダーオイルを配合したワックス。室内にラベンダーの香りが広がり気持ちを和ませます。木材の床や家具の美しさを取り戻し、汚れから表面を保護。

  • オレンジワックス Orange Wax アンティーク家具、木製キッチンアイテム(オレンジオイル配合)

    蜜蝋や椰子から抽出されるカルナバ蝋にオレンジオイルを配合したワックス。この芳香性ワックスは独特の天然成分配合により、汚れ落としとワックスがけ共にご使用いただけます。

  • マーブルワックス Marble Wax 大理石の保・つや出し

    カルナバ蝋が配合され大理石専用ワックスの他、キッチン・バス回り等の人工大理石のお手入れにもお使いいただけます。

ご使用上の注意

  • ジェオグラフィカのアンティーク家具は製作された当時と同じ方法で塗装を施しており現代の家具に比べて耐水・耐熱性が高くありませんので濡れたものや熱いものが直接触れないようにご注意下さい。
  • 水平な場所を選んで設置して下さい。
    水平でない場所に設置されますと歪みが生じ扉や引き出しをスムーズに開閉できなくなります。
  • 肘掛け付きチェアの肘掛け部分に強い力を加えますと肘掛けが左右に広がり、破損の原因になる恐れがありますのでご注意下さい。
  • チェア類をご使用の際、後脚2本を軸にして前脚を浮かせる事や椅子の上にお立ちになる事は破損や事故の原因になる恐れがあり危険ですのでお控え下さい。またお座りの際にストレッチャー(椅子の足同士を繋いでいる補強材。貫)に足をのせる事も椅子を傷める原因になりますのでお控え下さい。
  • 直射日光の当たる場所への設置はお控え下さい。色あせや木部の反り等が生じる恐れがあります。
  • お手入れの際に洗剤やアルコール類のご使用はお控え下さい。
シェアボタン